創彩少女庭園オフィシャルサイトリニューアルOPEN! 【コトブキヤ各店/お客様相談センター】営業内容変更情報

Language
English

テストサンプルレビュー&ご予約開始 創彩少女庭園【結城まどか】

投稿:2020年08月31日
テーマ:新製品案内

企画の亀山(YUKI)です。

本日から創彩少女庭園シリーズ一人目のキャラクターである結城まどかのご予約が始まりました。
先日から開催されているWEBイベントオープンキャンパスはお楽しみいただけましたでしょうか?

まだ第一弾も発売されておりませんがすでにメインキャラクター三人の夏・冬の制服姿が商品化決定ということで様々なスタイルやシチュエーションで遊んでほしいという本シリーズの目指している方向が伝わっていれば嬉しいです。


さて、結城まどかの通う学校「桃桜高校」はスタンダードなセーラー服を採用しています。
アニメキャラ的な装飾の少ないスタンダードなタイプを選択した理由としては制服素体としてのプラモデルという側面も持っているからです。

余談ですが創彩少女庭園の学校名はシリーズ名にある“庭園”というキーワードから植物に由来しており、まどかの“かわいいものが好き”という設定やはつらつとした性格付けから桃と桜というモチーフを学校名に付けました。


私は作品作りをする時に細部に凝りたいタイプなので学校ごとの校章までデザインを用意してしまいました。
校章デザインはヘキサギアの企業ロゴマークを制作している可児氏によるもの。

ではここからはテストサンプルを用いた簡易的なレビューをしていきたいと思います。

プラモデルとしての基本的な仕様については庭園日誌にて宣伝担当が書いてくれているので、私からはデカールを使った例や成型色、塗装箇所などについての詳細をご紹介させていただきます。
※庭園日誌は初めてプラモデルを作る人向けに書いており、壽!!プラモLABOではすでにFAガールなどのプラモデルをある程度作った経験がある人向けに書いております。

まずはデコマス(塗装完成見本)とテストサンプルで成型色での差をご覧ください。

左がデコマス。右がテストサンプルです。
まだ塗装済みパーツが無い状態ですが、プラスチックの素材による色分けについてはよくわかると思います。
次は各パーツの成型の違いをご覧ください。

創彩少女庭園シリーズはメカ部分がないのでプラスチックによる硬質な感じだとちょっと違和感が出そうなので、ほとんどの部分が「つや消し」表現になっています。専門的な言い方をすれば「シボ加工」という技術が使用されます。
※画像はまだシボ加工はしていない状態。

とは言えローファー(靴)などは艶が欲しいので通常成型にて表現するなど表面的な部分にも気を使っています。また髪の毛も「艶のある髪」という表現もあることからつや消し表現にはなっていません。

画像だけだと伝わりにくい部分もあるので下記図と対応した番号で詳細の解説もいたします。

前髪は3つ付属します。ヘアスタイルを変更する時に交換しなくても良いようにするためです。ヘアピン部分の塗装はありませんので制作時にマーカー系塗料などでの“ちょい塗り”を推奨します。

②セーラーカラーにある2本の白いラインは製品では塗装済みになります。

塗装派向けにラインデカールも入っていますのでご心配なく。

③肌は先ほど解説したように「つや消し」表現になります。

可動構造としては股関節にスライド式による軸の引き出し+5mmボールジョイントを採用。大腿部の中にはスイング式ボールジョイント受けによる可動があります。

?)立ち姿では見えない一部パーツも塗装済みパーツとなります。(どこがとは敢えて書かないことにしておきます)

少しではありますが組み立て前の状態もご覧ください。

こちらはまどかのヘアスタイルパーツ「通常(ロングヘア)」のランナーです。
ハネ毛が一本ずつ別パーツになっており、コトブキヤがこれまで開発してきた美少女プラモデル系の技術が結集した感じになっています。フィギュア的な見た目を重視する部分でもあるので可動用のジョイントなどはありません。

スカートはランナーから切り出した状態です。どの形状も1パーツ構成となっています。
座り用は可動タイプの股関節ではなく専用のパーツを使用します。

※膝から下のみを差し替えで使用します。

これはスクールバッグを組み立てたもの。全部で3パーツ構成です。
スクールバッグやスマホも別色で成型されており「結城まどか」の場合、全10色の成型色を使っています。

こちらは未塗装用表情パーツ。塗装済み表情パーツはFAガールのように個別で袋には入った状態になります。目の部分には目の形状に合わせてくぼみが造形されていいます。
デカールを貼って使用する時には口の中もご自身で塗装していただく形になります。


水転写表情デカールの内容です。
「笑顔」「照れ顔」「驚き顔」「怒り顔」に対応した
・正面向き
・左向き
・右向き
がセットになっており、これからまだまだ色々な商品に表情パーツが付属する予定なので集めるほどに表情が豊かになります。
セーラーカラーの「白いライン」や「スマホの丸ドット柄」もデカールをご用意しています。

さて、実際にデカールを貼ったサンプルを作成しましたのでご覧ください。

左がデコマス(プロ制作)。右は私(一般人)がデカールを貼ってメイク仕上げしたもの。ヘアピンも塗装しています。
私のはちょっと目と目の距離が狭かったかな……

ですが、自分で“組み立て”“メイク”した娘は多分、世界で一番かわいいと感じる(だれが何と言おうとウチの子がかわいい)と思いますので、ぜひともデカールを活用して表情豊かなキャラクターにしてあげてほしいと思います。
ちなみに開発中のデカールなので白が印刷できなかったため、この段階では白目部分などは自分で書く必要がありました。そのため私が貼った表情パーツはちょっと個体差が出てしまっているので参考程度になればと思います。

せっかくなのでうちの子のアルバムを見ていって下さい(笑)

まだまだ暑い日が続くのでウォーターアームズを持たせてみました。(冬服だけど)


あざといな~まどかってこういうとこある。

目線を左右に振るとポージングにも違いが出てきますね。
ヒロインっぽさ全開で撮影したスナップです。


アフタースクールのカフェテーブルに付属する「ぺろり顔」がとてもかわいい。
クレープうまし顔?

ウェイトレスさんとかコンパニオンさん的なポーズ。

怯え顔。

驚き顔と照れ顔の組み合わせもかわいい。通学中にだれかにぶつかったシチュエーションかな。

プラモデル作りのお手伝いします!
達者でなニパ子……


双子の姉妹的なシチュエーション。

カンフー少女っぽいポーズ。

異世界転生ナイトまどか。
驚き顔に怒り顔のデカールを使っています。

普通の制服って遊びの幅が広いですよね。

メガミデバイス用の首ジョイントがあるのでホーネットと制服?交換してみました。
ホーネットの肌は少し白いので完全に一致はしませんが違和感はそんなにないかな?
並べてみるとボディ部分のサイズ感はほとんど変わらないですね。
森倉円さんのイラストをベースにしている創彩少女庭園は足が結構長めなので、ホーネットの武装モード用足首を使った状態でほぼ同じ身長でした。
※まどかのボディはホーネットに塗装したものです。

パイロットスーツに見える?

ゲーム世界のアバターなのかも。

というわけで本日よりご予約開始のコトブキヤ新シリーズ
創彩少女庭園 結城 まどか【桃桜高校・冬服】のご紹介でした。

発売は2021年1月を予定
価格は¥5,400(税抜)です。

じつはドールメーカーの「アゾンインターナショナル」さんにまどかの作例を展示いただけることになりました。※展示開始時期と終了時期については未定です。

秋葉原ラジオ会館にあるアゾンさんにお立ち寄りの際にはぜひご覧いただければと思います。
それでは本日はこの辺りで失礼。
また次回。

企画:亀山
キャラクターデザイン:森倉円
衣装協力:アゾンインターナショナル
© KOTOBUKIYA  ©2020 AZONE INTERNATIONAL   © KOTOBUKIYA・RAMPAGE ©Masaki Apsy

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ