【コトブキヤ各店/お客様相談センター】営業内容変更情報

Language
English

「MARUTTOYS NOSERU(マルットイズ ノセル)」試作品紹介!(後編)

投稿:2021年06月25日
テーマ:商品紹介

皆様こんにちは
企画・開発のカンノです。

 

▲内部フレームもすごい「NOSERU(ノセル)」です

 

注目のニューアイテム「NOSERU」をご紹介するブログの後編!
今回のブログでは、前回紹介しきれなかった「“乗せる”ギミック」「他シリーズとのコンビネーション」について、ボリューム満載でお届けしたいと思います!

 

※前回のブログはこちらです。
『MARUTTOYS』新規金型アイテム第2弾!「NOSERU(ノセル)」登場!!

 

※画像の試作品は製品版とは一部異なる部分があります。
※以後、画像はクリックすると拡大します。

 

ギミック紹介③ 「NOSERU」に“乗せる”!

「NOSERU」のネーミングの由来ともなっている、その“乗せる”ギミック!
今回も「フレームアームズ・ガール イノセンティア」にご登場いただいて、その魅惑の商品仕様を早速ご覧いただきましょう。

 

▲「よいしょっ……」 (「FAガール」は「よいしょ」とは言わない気もしますが)

「NOSERU」の乗り方は、頭部後ろ側のシートにまたがって座る方式です。

 

乗りました!
(「トットットットッ……」と軽快に走行するイメージ)

「NOSERU」は1/12スケールですが、ヒューマンサイズだと1/10スケール相当の「フレームアームズ・ガール」も、このようにピッタリとフィットして搭乗することができます。

 

▲その後ろ姿
(試作品は一部パーツの合いが良くない部分がありますのでご了承ください)

市販の1/10~1/12スケールのアクションフィギュアでも、このようにまたがったポーズがとれるものであれば搭乗可能というところも、「NOSERU」の大きな魅力の一つです。

※製品によってはパーツが干渉して乗れない場合がありますのでご注意ください~。

 

▲こちらは前回のブログでご紹介した、タイヤのスライド可動ギミック

この可動ギミックを活用して、片輪を下げた状態にすると……

 

「ギュイイイイイイイイィィィィン!!」

まるでバイクのハングオンのように、激しい走行スタイルを再現することができます!
(「NOSERU」、そのフォルムに似合わぬハイスピード走行!)

 

▲背面です(風を感じる……)

企画・開発担当のこの私も、撮影してはじめてわかる「NOSERU」のこの疾走感!!(笑)

 

                                                         

 

▲ここで「フレームアームズ・ガール」のおふたりが登場

それでは引き続き「フレームアームズ・ガール」をはじめとする「女の子プラモデルシリーズ」のキャラクターたちに「NOSERU」に乗ってみてもらい、実際にどこまで搭乗可能なのかを検証していきたいと思います。
(まさに「NOSERUチャレンジ」!)

全身に装甲をまとったデザインの彼女たちも、はたして「NOSERU」に搭乗することができるのでしょうか?

 

まずは「フレームアームズ・ガール 轟雷改[白] Ver.2」

▲「ちょっと重いかな……」(照れる轟雷改)

かなり重量オーバーな気がしますが、乗れました!(笑)

股関節をはじめ可動範囲が大幅にアップデートしている 「Ver.2」のボディだけあって、スカートを穿いたデザインでもちゃんと搭乗が可能です。

 

▲その後ろ姿

脚部の装甲と履帯が「NOSERU」のボディ側面に干渉するので、ステップには履帯の基部を引っかけて乗るスタイルです。

ちなみに「NOSERU」に乗せられるキャラクターの検証は今までちゃんとやれていなかったので、写真を撮影しながら初めて検証しているキャラクターが多いです(笑)。

 

次に「フレームアームズ・ガール スティレット XF-3 Low Visibility Ver.」

▲「はわわわわわゎっ~」な感じのスティ子

「慌て顔」がいい味出している「スティレット XF-3」ですが、こちらも乗れました!
(ボディは「轟雷改 Ver.2」と同様の構造ですので、股関節の可動範囲もバッチリです)

腰部前側のアーマーが「NOSERU」の後頭部にすこし干渉するので、体の向きを逸らして乗せています。

 

 

▲ツインテがまぶしい後ろ姿

「スティレット」はひざから下の装甲がスレンダーなデザインなので、両足を「NOSERU」のステップに乗せることができます。
(背部にブースターがあるので、バランスを崩すと後ろ側にのけぞりそうになりますが〈笑〉)

 

                                                         

 

では「メガミデバイス」のキャラクターでもチャレンジ!

「SOLロードランナー」にご登場いただきました

まずはサイズ比較から。

「フレームアームズ・ガール」よりも小柄な「メガミデバイス」は、「NOSERU」と比較するとこのくらいのサイズ比です。

 

はい、乗れます!(当然ながら)

「マシニーカ」素体の広範な可動域によって、実に自然なポーズで搭乗することが可能です。

特に肩の前側への可動が効いていて、「NOSERU」の頭部に両手をきれいにそろえて置くことができますね。

 

▲バックショットです

シートへのフィッティングも良い感じ。
(腰をもうすこし反らせて乗せると、もっとかわいいかもです)

 

                                                         

 
そして「創彩少女庭園」の女子高生。
 

▲モデルは「小鳥遊 暦【令法高等学校・冬服】」

全高約153mmの「小鳥遊 暦」との対比はこんな感じ。
(「フレームアームズ・ガール」とほぼ同様のサイズ比です)

 

ではさっそく……

▲「><」

スカートを穿いた制服姿の女子高生に、またがって乗っていただくわけにはいきませんね……。

 

そんな時には「横座り」!
女の子らしく、おしとやかに乗ることができます。

 

横座りの場合は、シートをすこし浮かせてから90度回転させておきます。

 

▲反対側のアングルから

横座りは「NOSERU」本来の仕様とは異なる乗り方ですので、ちょっとギリギリな感じはありますね……。

穿いているスカートのサイズや長さによって、どの程度対応できるかが変わってくると思います。

 

このようにある程度の制限はあるものの、「NOSERU」の搭乗ギミックは様々なキャラクターに対応しているのがご覧いただけたかと思います。

皆さんに「NOSERU」の製品版をお手に取っていただけたら、是非いろいろなキャラクターを乗せて試してみていただければうれしいです。

 

ギミック紹介④ 他シリーズとのコンビネーション

「NOSERU」は全身7ヶ所に3mmジョイントを装備していて、さらに一部のパーツを取り外すとジョイントの数はさらに増えます。
(底面にフライングベース用の3mmジョイントもあります)

これらの3mmジョイントを駆使して、「M.S.G」「フレームアームズ」「フレームアームズ・ガール」「ヘキサギア」などの他のシリーズと、「TAMOTU」と同様に様々なコンビネーションが可能です。

今回は簡単に、組み合わせ例を2点ほどご紹介させていただきましょう。

 

NOSERU 消化弾ポッド装備タイプ」

まるでミサイルのように見える何かは、火災対策用の消化弾(という設定)です。

※「ウェポンユニット36 ミサイル&レドーム」と「ウェポンユニット04 マルチミサイル」を使用しています。

 

「『NOSERU』、こんなにたくましくなって!!」

……な感じの「NOSERU パワーハンド装備タイプ」。

 

「マッスル! マッスル!」
(そうじゃない)

……なんでもありになりつつある「マルットイズ プラモデルシリーズ」です。

※「フレームアーキテクトTYPE-001〈グレー〉:RE2」と「ヘヴィウェポンユニット28 アクトナックルAタイプ」を使用しています。

 

そして予告!

「NOSERU」にはその可能性をさらに広げる、スペシャルなボーナスパーツが付属する予定です!
このパーツの詳細のご紹介については、商品の正式なご案内まで今しばらくお待ちください!

(かゆいところに手が届く素敵なパーツですよ~)

                                                         

 

▲最後にツーショット写真~

 

それでは今回はこの辺で。

現在「NOSERU」は絶賛開発進行中です!
商品の正式なご案内は夏頃を予定していますので、それまでもう少々お待ちください!

 

それではまた。

企画・開発:カンノ

 

 

©MARUTTOYS
© KOTOBUKIYA・RAMPAGE ©Masaki Apsy
© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ コトくじ お客様サポート ピックアップ