【コトブキヤ各店/お客様相談センター】営業内容変更情報

Language
English

HMMゾイド「ガンスナイパー ワイルドウィーゼル仕様」製品サンプルご紹介

投稿:2021年01月22日
テーマ:ゾイド

こんにちは、HMMゾイド5代目企画担当げんすいです。

2021年前半発売商品は既にご案内済みですが、後半も盛り沢山の予定です。本年も何卒よろしくお願いいたします!

さて、まずはさる1月7日に案内しました再生産から本ブログでもおさらいです。

 

RZ-041 ライガーゼロ マーキングプラスVer.

21世紀の新世代ゾイド筆頭だったライガーゼロも、当時TOMY製の発売からいよいよ20年が経ちましたね・・・。

押しも押されぬHMMゾイドトップセールスの本機、またも再生産決定です。

 

EMZ-15 モルガ&モルガ(キャノリーユニット装着型)

EMZ-15 モルガAA & モルガキャリア

こちらも約1年ぶりの再生産。やっぱりモルガはたくさん並べたいですよね。

 

以上2商品が5月再生産として本年最初の案内アイテムになりました。

5月はシャドーフォックス マーキングプラスVer.ゴジュラスガナー再生産もございます。いずれも要チェックですよ。

 

それでは本日の本題。

2021年1つ目のアイテムはこちら!

 

RZ-030 ガンスナイパー ワイルドウィーゼル仕様

今年発売商品としてはマーシーさんの最初の新作イラストになるでしょうか。

ワイルドウィーゼル仕様のガンスナイパーとなるとやはりこのシーン。この次のカットがDCS-Jのパッケージイラストとなるわけですね。

(´・*・)あるいはジェノブレイカー リパッケージVer.から続くシーンとも言えるでしょうか・・・

 

マーシーさんからいただいていたもう一つのラフ案は決定稿の少し先の場面というところ。

こちらも勢いある突入シーンでしたが、今回の商品仕様的に配色パターンが複数考えられるという面もあることから選びました。

決定稿はよく見ると左奥の機体はショートビームガン装備右の機体は肩と腿の色分けが旧来のHMM版(本商品でも再現可)となっています。

例によってまだまだ語れるイラストなのですがこの辺りで。皆様もどうぞお手にとって隅から隅までご覧いただきたく思います。

 

それでは本体、今回も製品サンプルに商品付属の水転写デカールを貼り付けた例をご紹介してまいります。

素組みでの成型色を含めたご紹介と、商品では「デカールはお好きな場所にお貼りください」としておりますが「そんなこと言われてもどこにどれを貼ったらいいのか・・・」という方向けに参考として一例のご紹介です。

恒例ではありますが説明書の通り、お好きなデカールをお好きな箇所に貼り付けていただければと思います。

 

まずは前方から。

恒例ですが今回も各部デカール貼り付けは当時TOMY製パッケージ見本を中心に、片平まさし氏のデザイン画のマーキングを追加する形で構成しています。

このアングルで言うとワイルドウィーゼルユニットのアームやガトリング、2連装ビームガン、スモークディスチャージャーなどはデザイン画のマーキングを追加した箇所ですね。

足して2で割るのではなく、そのまま足しただけでも情報量過多ということもなくよいかなと。

 

後方から。尾部先端などは当時TOMY製見本からHMMのデザインに合わせて貼り位置をアレンジしています。

今回色味や配色がより近付いたこともあり普通にガンスナイパーだなと思ってしまいがちですが、やはりHMM版では各部形状の整理やディテールの追加がなされているため、デカールもそのままという訳にはいかないところ。

(´・*・)やっぱりゾイドのデカールは「好きなように」「それっぽく」貼るのが結局一番なんじゃないかなと思いますw

 

頭部を中心に。キャノピーにマーキングが貼られるのが99~00年発売組らしいなと思うところ。

右肩は共和国章、左肩は形式番号を貼るかたちなのは当時TOMY製見本のオマージュ。

ミサイルポッドの蓋も同様に赤いマーキングを貼りましたが、ここにRZ-030を貼るパターンなどもありましたのでお好みでどうぞ。

腿付け根は当時TOMY製見本では特になにもマーキングがなかったので、片平さんのデザイン画通りのCAUTIONを貼りました。

 

頭部・首にピントを合わせて後方から。

後頭部も含め、ここは丸々当時TOMY製に合わせて貼っています。

腿側面も3種のマーキングをHMM版の形状に合わせる形で貼ってみました。

 

レドーム部分。

白文字のCP-13とEXTRA WEAPON SYSTEMのマーキングは当時TOMY製のワイルドウィーゼルユニットのシールと同サイズかつほぼ同形状になっていますが、若干曲率が違いつつもそれらしく貼ることが出来ました。

中心に貼った赤い三角のEXTRA WEAPON SYSTEMは当時TOMY製見本ではアーム部分に貼られていたのですが、HMM版での収まりとしてはこの位置の方がよさそうでしたので。

 

狙撃体勢。今回個人的に会心のハマリ位置だと思っているのがしっぽ付け根の白文字RZ-030。

当時TOMY製見本では腰上部に貼っていたのですが、HMM版では凹みディテールが入り組んでおり貼り付けを断念。

代わりにということでこの位置にしてみたのですが、割とそれっぽい感じになったんじゃないかなと。

ゾイダー諸兄も「俺ならここに貼る!」というのを実践してみていただければと思います。

 

 

ということでRZ-030 ガンスナイパー ワイルドウィーゼル仕様 サンプルご紹介でした。

1月15日以降発売となっております。本ブログ公開時にはもうお手元にある方もいらっしゃるでしょう。

新年1つ目のアイテムとして、サクッと仕上げてみるのはいかがでしょうか。

(´・*・)去年はゴドス、今年はガンスナと、小型なのが幸いというか・・・w

 

HMMゾイド、次の新アイテム案内は来月初頭を予定しております。

こちらもどうぞお楽しみに!

 

(´・*・)げんすい@よく考えてみれば自分も本ブログ用のガンスナが今年1つ目のプラモでした

© TOMY  ZOIDS is a trademark of TOMY Company,Ltd. and used under license.

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ コトくじ お客様サポート ピックアップ