【コトブキヤ模型ホビーショー2020】サイト公開 全日本模型ホビーショー キャンペーン

Language
English

「TAMOTU」テストショット作例コンペ【番外編】

投稿:2020年10月30日
テーマ:製作実演

皆様こんにちは。企画・開発のカンノです。

今回はショートバージョンで「TAMOTUテストショット作例コンペ」の番外編をお届けします! 

 

それでは早速ですがこちらの動画をご覧ください。↓

 

……お判りいただけましたでしょうか……。

ヘキサギア公式ガバナーでもある、企画チームの糸山雄大氏によって超絶改造された、ラジオコントロール版「TAMOTU」です!
(ラジコン用のプロポで各種の動作を制御しています)

※実際の製品はプラモデルで、ラジコンではありませんのでご注意ください。

 

▲ちなみに、立川のおしゃれタウン「グリーンスプリングス」と、壽屋本社ビルのベランダで撮影しました。

 

すでに動画をご覧になってお分かりかと思いますが、ラジコン化による大きな特徴は以下のとおりです。

 

ポイント1) 

本体内部にバッテリー、モーター、サーボを内蔵。3Dプリンターで出力した自作のタイヤで走行します!

 

ポイント2)

ラジコン制御で頭部が回転!(しかも動作が機敏!)

 

ポイント3) 

目が発光! さらにフロントライトも点灯!

(動画で目からビームを速射しているように見えるのは、明るさをパルス制御で操作しているためです。肉眼で見ると普通に発光しており、明るさの変化で表情を出す事ができます! )

 

▼ちなみに外装パーツを取り外しても、これこのとおり。

内部フレームだけの状態でも、自走・可動・発光が可能です。
(内部フレームから垣間見えるカラフルな配線が、いい具合にメカっぽくてたまらないものがありますね)

 

さて今回はこの辺で。

今後も「TAMOTU」のテストショットを使用した作例をお送りしていきますので、12月の商品の発売と合わせてご期待ください!!!!!

 

 

それではまた。

企画・開発:カンノ

©MARUTTOYS

 

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ