Language
English

WF『ロックマンX』プラモデルトークショー アフターレポート&エックス原型紹介

投稿:2019年02月15日
テーマ:イベント情報

メットール!!

どうも!

新プラモデルシリーズ『ロックマンX』の企画担当しております「ばーちー」です。

先日の「ワンダーフェスティバル2019[冬]」にて開催しました
『ロックマンXプラモデル トークショーin ワンダーフェスティバル2019Winter』

当日はたくさんの方が観に来てくださり、どうもありがとうございました!!
・前日からの悪天候、
・きゃっきゃうふふ要素ゼロ、
・カワいい×カッコいい声優さんもゼロ、
と、果たしてお客様が来てくれるのかな?と心配しておりましたので
イベント数分前から待っててくれたお客様がいてとっても安心しました。
(あやうく私の頭のすべてがゼロになる。ところでした)

さて、残念ながら会場に来れなかったお客様もいらっしゃることと思いますので、
イベントで発表した第1弾『エックス』情報、そしてあの、アツイ情報を振り返りご紹介します。
ステージイベント自体のおもしろアフターレポートはロックマンユニティにて、
ウッチーさんが公開してくれているのでこちらも合わせてご覧いただけばと思います。

①第1弾『エックス』の原型初公開!

▲遠くからでも1発でわかるコトブキヤ『ロックマンX』ブース(搬入日に想像以上のインパクトで私もびっくり)
早朝から非常に多くの方が撮影されていましたのを嬉しく思う反面、実は「ステージ後にとあるものを追加して展示変更するんだよなぁ言いたいけど言えない!」と後ろでうずうずしてました。


▲ステージの商品紹介パートで使用したスライド
今回のエックスはファンの皆さんが一番なじみ深い、これぞ『エックス』!って思ってもらえるものを届けたくて、
ムービーやボイスが付き、『エックス』というキャラクター性により親しみやすくなった『ロックマンX4』以降のデザインにとことん注力しました。

そのため、手や足がイラストに寄せてマッシブになっているので、
ナンバリング作品のおなじみポーズをつけるとパースがかかったように映り、とっても見栄えよくポーズが決まるのがイチオシポイントです☆
表情は3種付属し、下記のように各ナンバリングのメインイラストを忠実に再現しています。
通常はソウルイレイザーやX6
咆哮はX4
食いしばりはX3
他にも、例えば左目線の咆哮はチャージバスターを撃った時の「当たれーッ!」やX4以降のボス部屋での強敵との会話
「ゆるさいないぞ! シグマ!」みたいなアレですね。
このようにゲーム中の様々なシチュエーションが再現可能な表情を意識しています。

 

②トークショー開催!『エックス』トークや開発秘話にサプライズも!?

▲開幕からX3のオープニングデモより、曲も合わせてこんなスライドを作って登場!
 

▲商品紹介にて上のスライドに加えて商品パッケージは『ロックマンX アニバーサリー コレクション』(以下アニコレ)の豪華PKGイラストでおなじみ、カプコンデザイン室の水野 佳祐さんの新規書き下ろしになることが発表されました。
どんなイラストになるのか楽しみですね!


▲アニコレといえばですよ!
X~X8まで8作品の様々なプレイ実績を表す「ハンターメダル」
これを全て集めた画像とエックス君の記念写真も公開しました。この画像はファンの皆さんと同じく、
『エックス愛』全開の人間が企画してるからね!
ファンのツボをしっかりと押さえた商品にするから安心してね!
っていうメッセージが少しでも伝わればと思い、イベントに合わせてゲーム発売からコツコツ頑張った私の魂の結晶です!XチャレンジHARD9-4は1週間くらいうなされながらなんとかクリア。。。
(後から聞いた話、あのとんでもない難関ステージ 9-4はカプコンゲーム開発部の中でもほんのごく一部しかクリアできなかったとか。。いやー頑張りました私!カメレオンスティングは偉大←わかる人にはわかる)

▲めったに見られないカプコン 水野さんからの監修資料や開発中の原型担当への原型の修正指示書やなんかも公開!


▲実はわたくし、コトブキヤプラモデルの元CAD原型師でもあり、これまで以上に可動範囲を広げたいという思いから、敢えて「ロックマン」「ロックマンゼロ」プラモデルの既存関節構造を廃止し、体の一部は私自ら設計を行いました!
ボールジョイントは摩耗が早く保持力に難点があることや胴体にスペースがかなり必要となるので、色々なポーズを取るのにガシガシ動かすであろうエックスには合わないと思いました。
そして後続商品のことも考え、胴体にはボールジョイントよりも省スペースで
可動性、保持力がある軸可動を採用致しました!
企画者自らが設計も担当するという、こだわりの可動性となっており、
手にもったら分かるのですがホントによく動きます!

今回の『エックス』を全面監修してくれました水野さんからは事前質問に対するアンケートやメッセージをいただいたのですが、時間の関係で一部しかご紹介できなかったので改めて下記に掲載致します。

水野さんご協力ホントにありがとうございました!おかげさまでめっちゃ盛り上がりましたよ~。

 

 

③サプライズⅠ

▲商品紹介はさらに続き、私の『エックス愛』のもう1つの結晶ともいえる豪華付属品も発表!
『ダッシュインパクトエフェクト』はその名の通り、ダッシュした際のエフェクト、そして2つに分割すれば
エネルギーをチャージしている際に周囲に溢れ出す闘気や衝撃を演出することができます。

▲そしてもう1つの付属品『チャージショットエフェクト』と組み合わせることでエックスの代名詞であるチャージバスターと、バスターが地を這う衝撃を演出できる大ボリュームのエフェクトとなっております!
これまで様々な立体物商品でバスターやエネルギー弾エフェクトを見てきましたが、単純にフライングベースなどで浮かせてしまうと途端に添え物感というか、浮いている表現から遠く離れてしまう感じがするんですよね。
だから、これをどうにかしたくて、ゲームを何度もコマ送りに見返していて、X4以降のバスターは地面に衝撃波が生じていたことを見つけたことから思いついたのがいっそ台座も「地を這う衝撃波に見立てる」というアイデアでした。

 

ダッシュの衝撃波にも使えて機能性もあるやん!とテンションが上がったものです!


▲そしてそして、限定版の発売も決定!
 水色と見る角度によって色が変わって見える偏光メッキにより、
ゲーム中でバスターをチャージしてる際のエックスを表現したスペシャルな『エックス』の発売も決定しました!
 上で紹介した付属エフェクト2種も通常版とは違うカラーに変更したものが付属予定です!
 そして!会場でもすぐウッチーさんが気付いてくれました通常版とは目線の向きが変わった表情が付属します。
 これにより、例えば通常版の「右向き咆哮」はX4のイラストを再現できますが、限定版の表情は「左向き咆哮」となっているので企画発表から掲載しているX5のメインイラストを再現することができますね!
 この辺は詳細が決まり次第、順次コトブキヤの公式サイトにて公開していきますので今後もお楽しみに!

④サプライズⅡ 第2弾発表!
サプライズⅠで付属品や限定版の発表で盛り上がる中、
        さらなるサプライズとして第2弾も発表し会場はテンションマックス!
まっくす、まっくす・・・

と、いうことで

第2弾は、

 

 

そう!!

 

 

・・・・

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

「ロックマンX3」より

         『マックスアーマー』商品化決定です!!

「ロックマンX3」はコミックボンボンでの漫画連載からカード、食玩、アクションフィギュアと関連商品が充実しアツい盛り上がりを見せた、エックス世代には欠かせない思い出と思います。
昨年の企画発表から年末のコトブキヤプラモデル化アンケートでも上位にきていたこともあり、
会場でも歓喜の声が上がっておりました!プラモデルシリーズの醍醐味ですからもちろん!
各部位ごとに『エックス』と組み換えることが可能です!!

そしてなんと!こちらのパッケージもカプコンデザイン室 水野 佳祐さんの書き下ろしとなります。
実は、原型はもう完成しているんですが、大人の事情と、私が台本読むのに必死で会社に原型忘れてきちゃったんです。
でも、めちゃくちゃかっこいいです!早く皆さんにみせたいっ!
ということで、原型は今年の5月に開催予定の静岡ホビーショーにて初公開を予定しています。
ゲーム発売から約25年の歳月を経て、
最新の技術、最新の書き下ろしイラストで商品化される『マックスアーマー』をぜひお楽しみに☆


▲こんな感じで大盛況のなかステージは終了

 

▲発表したエフェクトをリアルタイムで飾り、
しばらくステージ観覧のお客様に囲まれて楽しく「ロックマンX」トークをさせていただきました。
 激励のお言葉、商品化希望、アドバイスなどいろいろなご意見をいただきホントにありがとうございました!
「3個買います!」とか言ってくれる方もいて、
「嬉し過ぎるけど無理しなさんなよ?」
「でも、じゃあ私もまずは57個買うかなぁ!!」【通常色+X~X7の7作品×8ボス分(X8は仕様が違うからね!)】
 なんて会話も。
 やっぱりこういうイベントではファンのお客様と直接お話できるのがうれしいですよね!
 すべて今後の参考にさせてもらいます!!

まだまだ原型までの発表でしたが『ロックマンX』という作品に対するファンの方の熱量を想像以上に感じることができたとっても有意義なイベントとなりました☆

『エックス』そして『マックスアーマー』を皮切りにどんどんラインナップを充実させ、ゆくゆくはボスや強敵なんかも
立体化できればなぁと思っておりますので、今後とも皆様応援よろしくお願い致します!

ウッチーさんのブログ、そしてこのブログを読んで「いけばよかったなぁー」なんて思ってくれた方のためにもまた同じようなイベントができればいいですね!

長くなってしまいましたが最後まで読んでくれた方には感謝の気持ちを込めて、
私とウッチーさんがステージを去ったあとに届いた、あのお方からのメッセージをお見せします。

 

 

▲あのお方のおかげでステージが終わった後もしばらくファンの笑いに包まれるイベントとなったのでした。

それでは本日はこの辺で。またお会いしましょう~♪

 

ばーちー

 

 

 

 

 

 

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. © KOTOBUKIYA

 

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ