【テストショットレビュー】ロックマンX マックスアーマー トライアードサンダーVer. 絶賛ご予約受付中!

メットール!!!

皆さんご無沙汰しております!
『ロックマンX』プラモデルシリーズ企画担当の「ばーちー」です。

トークライブやリアルイベントはやってますが、ブログは久しぶりですね。
本日は、現在絶賛ご予約受付中「マックスアーマー トライアードサンダーVer.」のテストショットが到着致しましたのでご紹介できればと思います!


皆さんの反応を直接見ながら、聞きながらお話したりできるのも大好きなんですが、進行都合やイベント開催時間都合でどうしても1つ1つの商品をゆっくり解説できていない部分もあったかな~?ということで、

今回は画像もつけてゆっくりとブログにて新作商品をご紹介できればと思いますのでお付き合いくださいませ!





いかがでしょう!左がテストショット素組み、右がデコマスですよ?

ご覧いただければお分かりかと思いますが、
テストショットの段階でもデコマスの色味をかなり忠実に再現しており、 ニッパーさえあれば組み立てだけでほぼ完成見本と同じ配色のマックスアーマーが完成致します!
本当にマックスアーマーはカラフルですよね~。

角のオレンジやデコの黄色、胸中央やスネの黒いスリットまで細かくパーツによって色分けが再現できたこと、そしてこれを組み立ててくれた方々が驚いてくれたことは、今でも原型師さんにありがとう!と言いたいですし、
あの時のお客様の反応が今後のアーマーをやっていく自信に直結したので、大変うれしかったのが思い出深いです。


続いて、今回最大のウリである エフェクトパーツ!
ご覧ください!「ロックマン」シリーズのエフェクトとして最大サイズを更新しております!
またまたやってしまいました♪

しかし、あの迫力の「トライアードサンダー」を完全再現するためにはこの大きさが必然!
まさにゲーム画面から飛び出してきたと見紛うばかりの迫力と立体感を、是非お手元で感じていただきたい!

もう少し細部を見てみましょう。


ご覧の通り、ビット兵器は内部まで完璧に色分けが再現されています。

実は、ビット中央部のリングや先端部のクリアパープルは「ツヤ有り」素材なのに対し、本体部クリアグレーは「ツヤ無し」のマットな質感となっているのがお分かりでしょうか?
これには理由がありまして、青色の雷エフェクトパーツを上から被せる時に下地のグレーが「ツヤ有」だと、せっかく綺麗なブルーが濁ってしまい、うまく発色しなかった為です。

そこで、どうすればより綺麗に発色するかを試行錯誤した結果、現在のように本体部クリアグレーの表面を「ツヤ無し」処理することで、納得のいく発色になったのです!


さらに!先ほども触れました巨大エフェクト「トライアードサンダー」を支える支柱は、完全新規で設計しました!
通常のフライングベース(左)と並べてみたので、是非大きさの違いを感じてください☆


そしてこの新規ベースですが、中央の支柱が上・中・下の3段で構成されており、中段を図のように90度回転させることで新規造形「L字型」のジョイントパーツを装着することができます。
このL字型パーツ、どのように使用するかお判りでしょうか…

このように!
中段の支柱を90度横に向かせた状態でL字型ジョイントを使用することで、
本体はエフェクトの中心にありながらも横を向き、あたかも進行方向に向かっていくようなポーズが取れるのです!

横スクロールのアクションゲームのキャラクターポージングならではと言いますか、
シールドを張ったままフィールドを駆けるエックスを再現するためのこだわり設計となっています!

これまで難しかったダッシュポーズでのポージングに非常に適したパーツとなっているので、ぜひディスプレイしてみていただきたいですね!

新設計のベースと、この後紹介するボーナスパーツを駆使すると、この様に迫力あるポーズでディスプレイが決まります!
まるでゲーム画面の一瞬を切り取ったかの様ですね!


さて、続いてはお待ちかねのボーナスパーツについても触れていきましょう!

今回の「マックスアーマートライアードサンダーVer.」本体には、フォースアーマー以降に標準仕様となったアップデート版の「肩部パーツ」を採用しております。
強度を上げたこの「肩部パーツ」はマックスアーマーシリーズとしては今回が初の採用となります。ご要望が多かった本アップデートをようやく実現することができました!
皆様大変お待たせしました!

…え?
「トライアードサンダーに新しい「肩部パーツ」が採用されたのは嬉しいけど、色が違うから通常版マックスアーマーには使えないじゃないか!」ですって?
…なるほど、仰る通りですね…




案ずるなかれ

今回のトライアードサンダーには、通常版マックスアーマー用の「アップデート肩部パーツ」も付属します!
これにより、通常のマックスアーマーも最新の「肩部パーツ」にアップデートすることができるのです。


つまり「肩部パーツ」は計4個入っています!!
通常版マックスアーマーをお持ちの皆様も、これは見逃せませんよ!

さらに、ポーナスパーツはまだ有ります!
自然なダッシュポーズや、あのトライアードサンダーVerでおなじみのチャージ攻撃を再現可能な
「差し替え首パーツ」&「捻った腰パーツ」付属いたします!

左が「通常の首パーツ」、右が「差し替え首パーツ」となります。
上向きの「差し替え首パーツ」の効果をご覧ください!
これまでの垂直な首パーツと比較すると、その差は一目瞭然です。

この「差し替え首パーツ」と「捻り腰パーツ」を併せて使えば…

このような躍動感があるポーズも思いのままに再現可能!
…え?
「捻り腰パーツ自体は嬉しいけど、トライアードサンダーVer.だけだと通常のXシリーズには使えないじゃないか!」ですって?
…なるほど、仰る通りですね…




案ずるなかれ(2回目)
なんとトライアードサンダーには通常カラーの「捻り腰パーツ」も付属します!
これで、あなたがお持ちの「ロックマンX」シリーズもアップデートすることが可能です。



例えば、ちょうど先月5月末に満を持して発売された大人気「ロックマンXファルコンアーマー」
その象徴ともいえる飛行機能「フリームーブ」も、この「捻り腰パーツ」と「差し替え首パーツ」があれば、ご覧の通りにより前傾姿勢でフィールドを駆け回るファルコンアーマーが再現できちゃいます!

スパイク・ローズレッドステージやバーン・ディノレックスステージで「スピードムーブ」を付けたファルコンアーマーで出撃した時のあの爽快感が蘇るはず!
というかもはや別ステージかな?くらいテンポよく進めて快適なのでぜひお試しあれ!


ファルコン以外にも、ロックマンXシリーズおなじみの「チャージショット」ポーズや「ダッシュポーズ」などの、
”シリーズならでは”なポーズの再現度が大きくUPします。
もはやこのパーツ、シリーズファンにとってのマストアイテムと言っても過言ではありませんね♪


最後に

さて、駆け足になってしまったかもしれませんが、現在絶賛予約受付中の
マックスアーマー トライアードサンダーVer.のテストショットレビューをさせていただきました。
こちらは7/3(水)がメーカー締め切り日となっておりますので、確実に手に入れたい場合はご予約を忘れずにお願いいたします。

この「ロックマンX」プラモデルシリーズも、最初の「エックス」が発売してから早いものでもうすぐ5年が経ちます。
(「ロックマンX エックス」は2019年8月発売)
ここまでプラモデルシリーズを続けてこれたのも「ロックマンX」という作品の素晴らしさと、それを支えるファンの皆様の力があった為だと強く感じています。
そしてこれからも、皆様が本当に欲しいと思うキャラクターを立体化し続けることで、シリーズ全体を盛り上げていきたいと思います!

次はこのキャラが欲しい!
こんなエフェクトが欲しい!
こんな特殊武器カラーリングがあれば!

等のご希望がありましたら、ぜひ本ブログを告知しているXまでご意見をいただけると嬉しいです♪

前回のトークライブや静岡ホビーショー2024にて初の原型公開した「シグマ」はまさに国内・海外のアンケートで常に1位だったことから商品化に繋がりましたからね!
思い切って言っちゃいますが特に、特殊武器装備のアーマーに関しては、次商品化する際は今回いただいた要望の中で一番数が多かったものを採用しようかなと考えています。


ダブルサイクロンのチャージやグランドファイアのチャージとかは同じぽーj おっと。
立体にしたら迫力ありそうですよね?
ヤンマーオプションはトライアードサンダーと同じく特殊なスタンドが必要になりそうだな。。
とか既に構想はたくさんありますがまずはファンの皆さんの意見が大事!

ということで是非、皆様の声を聞かせて下さい!!


そして、そんな素敵な未来が実現するかどうかは、今回のトライアードサンダーの結果に懸かっています。
繰り返しになってしまいますが「マックスアーマー トライアードサンダーVer.」は7/3(水)がメーカー受注締切日となります。

コトブキヤオンラインショップはこちら!

皆様と一緒に、これからもロックマンシリーズを盛り上げていけたら嬉しいです♪

それでは、本日はこの辺で。

ばーちー


©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

© KOTOBUKIYA

TOP