フレームアームズ・ガール関連商品一覧ページ

Language
English

BANANA FISH アッシュ&英二 開発スタッフインタビュー

投稿:2018年10月18日
テーマ:ブログ

こんにちは!宣伝ツノです。
今日は『BANANA FISH』から「ARTFX J アッシュ&英二」のスタッフインタビューをお届けします♪

 

「アッシュ&英二」フィギュア化の経緯

企画:企画当時、吉田秋生先生40周年プロジェクトの一環として『BANANA FISH』がアニメ化されるという情報が公開され、原作も素晴らしいもので社内にもたくさんのファンがいたので、この機会に是非フィギュア化したいと思い、企画を立ち上げました。

アッシュと英二をセットにした理由は、2人の関係性から「この2人はなんとしても一緒に出してあげたい!」と考えたからです!

 

「シチュエーション」「ポージング」について

企画:この「アッシュ&英二」は僕が初めてポーズ案から担当させていただいたフィギュアなんです。初めてということに加えて、2人セットのフィギュア…。2人を魅せるにはどういうポーズにしたら良いのか…とポーズ案にはかなり悩みました。

ただ悩んでいる中でも、1つだけ「オフのシーン」にしたいということは決めていました。

作中では、銃撃戦のシーンなどもあり、銃で戦っているアッシュ(「オンのシーン」のアッシュ)もカッコいいとは思ったのですが、普段、全くスキを見せることのないアッシュが英二といるときだけは優しい雰囲気(「オフ」の一面)を見せるんです。僕はどちらかというと「オフ」のアッシュと英二の空気感が好きだったんです。

2人セットということもあり、アッシュと英二の2人だけの「オフのシーン」をフィギュアで再現したいと考え、このポーズ案に至りました。

 

「顔」について

原型:『BANANA FISH』キャラに共通する点として「鼻下の長さ」というのがありまして、画では正面と横顔のときに長さが変わります(笑)そこを立体で再現する際にちょうどよい中間点を探すのにかなりの微調整をしました。あと表情に関して英二は「素直、朗らか」というイメージから造形も比較的ストレートに決まったんですが、アッシュのほうはとても複雑なキャラのためそこをどう表現するかが今回のテーマでもありましたね。

 

企画:まずは英二についてですが、表情に注目してほしいです。アッシュを見守っているような雰囲気が感じられつつ、英二らしい優しさ、純粋さがよく表れた表情になっていると思います…!
英二で苦労したのは「視線」です。アッシュと英二、互いに視線を送り合っているという構図なのですが、英二の視線がなかなかアッシュの方に合わず、何度も首の角度や目のハイライトの位置などを調整していただきました。

次にアッシュについてですが、英二よりも苦労しましたね。なんせアッシュは「類まれな容姿を持つ」キャラクターなのでファンの皆様の期待もより高いものになることが予想できたからです。その期待に答えねばなるまいと、輪郭や鼻筋、髪の毛の毛束など、何度も修正していただいた記憶があります。
ただ、今回原型製作を担当していただいたのが素晴らしい腕を持つ原型師のタナベさんだったのでこちらの細かい修正指示をしっかりと反映してくださいました!アッシュの顔もかっこよさと美しさを兼ね備えた良い仕上がりになったと思います…!

 

「体、手足」について

原型:英二は元陸上選手、アッシュは山猫のように強い、と二人とも運動神経がすごくよいのでしなやかな体つきになるよう心掛けました。衣服の素材感の違いも苦労した点ですね。アッシュのジーンズの太さは最後のほうまで調整していました。ちなみにスニーカーなどのちまちました造形は結構好きです(笑)

 

企画:まずはアッシュについて、アッシュは戦闘がものすごく強いのですが、体格自体はガッチリというわけではなくどちらかと言えば華奢な体型をしています。なので、腕などがあまり筋肉張らないように注意しました。腕から指先にかけては非常にしなやかな造形となっているので是非注目していただきたいです。

そしてアッシュはスタイルがいい!足が長い!窓辺に腰をかけつつもすらっと伸びる足もアッシュの容姿の良さを表現しているポイントになっています。腰を掛けていても絵になるのはアッシュだからこそだと思います。

次に英二についてですが、注目してほしいのは足首の部分です。英二は棒高跳びをやっていたので、アスリートなのです。そのため、アキレス腱を少し筋張るように調整し、「陸上選手の足首」になるようにしました。細かい点ですが、是非注目していただければと思います。

また、衣装についてですが、アッシュと英二ともにシンプルな衣装になっています。というのもこの2人はシンプルな衣装の方が映えると思ったからです。特にアッシュについては、「アッシュと言えば、白シャツにデニム」ですよね?着飾るよりもシンプルな衣装の方がアッシュの良さを表現できると思い、この衣装にしました。

シンプルな衣装だからこそ、スニーカーのディテールやベルトの金具、ジーンズのダメージ部分などが細かい造形や塗装のひとつひとつがアクセントになっています。そういった部分にも注目していただければと思います。

 

「ベース/ディテール」について

原型:なんの飾りっけもないアッシュのアパートメントなので空間が間延びしないようコンクリートの質感表現はこだわりました。アッシュの座っている窓枠はアメリカならではのペンキ厚塗り状態のはずなのでそこも造形で表現しました。

 

企画:ベースについてですが、ポーズ案を決めるのと同時に、今回はただの台座ではなく1つのシーンを切り取ったようなフィギュアにしたいと考え、ジオラマ風のベースにしたいという希望がありました。

コンクリート打ちっぱなしのアパートの一室という設定なのですが、部屋の内側よりも外側の壁は外気で汚れたようなくすんだ色になっています。コンクリート部分の塗装やひび割れなど細かい点もしっかりと表現しています。

また、ベース部分で注目してほしいのは「BANANA FISH」のスプレーアートです。コンクリートだけだと、どうしても寂しい印象になってしまうので、デザイン部の方にお願いして作成していただきました。

「ニューヨークのストリートの落書きっぽいデザインでお願いします」というかなり大雑把なお願いをしてしまったのですが、うまく表現してくださいました。ベース部分の良いアクセントになっていると思います!

このようにキャラクターだけでなく台座部分にもこだわっているので是非、注目してみてほしいです。

 

「コトブキヤショップ限定特典」について

原型:原作のキーショット、唯一こころを許せる英二といるときの寝顔なので見ているこちらも安心感が得られるような寝顔が表現できたかなと思います。

 

企画:ここでポーズ案の話に戻るのですが、実はこの寝顔の方がポーズ案の原案なんです。

「アッシュ&英二」を制作するにあたって、「アニメ化をきっかけにファンになった方だけでなく、原作からのファンの方にも喜んでいただけるようなフィギュアにしたい」という強い思いがありました。

そこで今回の寝顔パーツの特典を考えつきました。この寝顔パーツに差し替えていただくと、原作コミックに登場する、とある「印象的な一コマ」を再現できるような仕掛けになっています。
原作ファンの方なら「あのシーンか!」と思っていただけるのではないかと思います。

フィギュアで寝顔というのはどうなんだろうか…。という思いもあったのですが、そこは流石アッシュというところで、寝ている姿でも様になってしまいます。結果的に寝顔パーツを採用して良かったと思っています!

 

その他、印象深いエピソードや出来事等

原型:2体同時進行というのもあまりないので気持ちが行ったり来たりで思いのほか時間がかかりましたね。その分飽きずに作業できたというのもありますが。あと実は元々2人とも素足だったんですが、急遽スニーカーを履かせることになりました(笑)

 

企画:『BANANA FISH』は僕が生まれるよりも前に連載をしていた作品で、企画立ち上げ当時は「バナナ…?魚…?どういう話?」という感じで作品については全く知らない状態でした。

ただ、「まずは作品を知らなければファンの皆様に喜んでいただけるようなフィギュアは作れない!」と考え、原作コミックを読ませていただいのですが、3日で読み終えてしまいましたね(笑)。それぐらいのめり込んでしまうような面白さです…!

現在、放送中のアニメも非常に面白くて、毎週欠かさず見ています!少女漫画ではあるのですが、骨太なストーリーで、女性だけでなく男性にも是非、オススメしたい作品です!
(ちなみに僕はシン・スウ・リンが好きです…!)

 

ファンの皆さんへ

原型:僕も原作からの大ファンで今回のアニメ化にあたり現代版に刷新されたキャラデザインもとても好きでいつも以上に気合いを入れて制作させていただきました!ぜひ手に取っていろんなアングルから見て楽しんでいただけたら幸いです!

 

企画:僕自身、このフィギュア制作を通して『BANANA FISH』のファンになりました。僕のようにアニメ化をきっかけに『BANANA FISH』を知り、ファンになった方はもちろんですが、原作が連載していた当時はグッズが少なく、欲しいけどそもそも売っていない…。という思いをしていた原作ファンの方も多いのではないかと思います。そういった方にも喜んでもらえるようなフィギュアにしたいと思い制作させていただきましたので、是非、お手に取って色々な角度から見て楽しんでいただければと思います。

 

▼製品ページはコチラ▼

 

©吉田秋生・小学館/Project BANANA FISH
●画像は監修中の試作品です。実際の商品とは多少異なる場合がございます。

 

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ