【コトブキヤ各店/お客様相談センター】営業内容変更情報

Language
English

ガバナー イグナイト・スパルタン/クイーンズガードの話

投稿:2021年09月30日
テーマ:商品情報

企画のYUKIです。本日よりヘキサギア新商品が3種がご予約開始となりました
ガバナー イグナイト・スパルタン
ジーク・スプリンガー
そしてガバナー クイーンズガードです。

今回はイグナイト再商品化の経緯とレビューを中心に語りたいと思います。

まずはイグナイト・スパルタンについて
元々イグナイトはポーンA1(Ver.1)のバリエーションキットとして商品化が進みました。
イグナイトはチェスの駒で言う「ナイト」の駒をイメージしたキャラクターです。
しかしLA側にド直球のポーンやナイト、ルークという名前が付けられているのでVF側ではそれぞれちょっとひねったネーミングとなっており
Ignition Knight=IGNITEという名前を与えられることになりました。
スタニングランスという電磁ランスを持っていることからも点火や発火を意味する名前を付けた面もあります。

【イグナイト企画資料】
ガバナーに使用できる金型ボリュームの小ささ、成型コストによる色分けの少なさなど様々な要因からポーンA1“固有パーツの部分のみ(頭部・肩・膝)変更”し大型ランスを持ったバリエーションとして予定、新規装甲部に合体ギミックなどを用いてプレイバリューを高めるつもりでした。

が最終的にはそうはなりませんでした……

デザインオーダーの段階で当初の予定から色々とブレてしまった。
出来上がったキャラクターはサブアームを持ったヒロイックな外観となりポーンA1よりも人気となるキャラクターを感じさせました。デザイン面では企画資料の内容よりも満足していました。

しかしコスト面や分割できないサイズ感に加えて流用を予定していたパーツとの兼ね合いだったりで結果的にデコマスと素組で完成イメージに乖離があり外観は好きだが仕様面で残念という評価(私の観測範囲では)を得ています。

プロデューサーとして企画者として締めるべきところ、こだわるべきところが曖昧になってしまいました……ここは大きな反省点として捉えています。

【HG002_ヘルブレード・インパルス企画資料】
思えばイグナイトは色々と当初の予定と違う道筋で世に出たキャラクターだと言えます。
合わせられるヘキサギアとして企画当時「黒いインパルスタイプ」が予定されていました。
それが開発コードHG002だったのですが結果としてHG002はデモリッション・ブルートとして生まれることになります。そしてその黒いインパルスタイプというのは現在の「HG034_ロード・インパルス」として新たに企画され商品化に至りました。陣営もVFからLAに変わっています。

※初期設定(レイブレードのアーカイブカード執筆時)ではロード・インパルスはレイブレード・インパルスと同じくホワイト・バイオレットのカラーリングでを想定していた。

※画像の黒いレイブレード・インパルスや黒いポーンAは役割や設定を見直された為、ある条件が揃うときまで商品化予定はありません。

そしてイグナイトはというと発売タイミングと合わせてデザインされた機体がなくなってしまい、他から浮いたキャラクターになってしまいました。
そのことからイグナイトはヘキサギアに搭乗した姿でパッケージが描かれる頻度が少なかったですね。
設定的には重要な役割を与えられていますが商品としての需要が高くなかったためテキスト面でもあまり登場しなかったように思います。ごめんイグナイト。

しかしこのキャラクターをこのまま静かに退場させてしまうのは嫌でした。そして立ち上がったのがイグナイトVer.2.0の計画です。

結果として出来上がったのは手首以外をすべて新規設計としたガバナー。
手首はポーンA1をはじめアーリーガバナーやウォーメイジまでほぼ共通ですので実質完全新規アイテムとっても過言ではありません。

名称もイグナイト・スパルタンと改められ設定面でも機能面を大幅に改良したモデルとしてこの世界に再び舞い降ります。

企画者としては商品を購入した人にここが残念と言われるのは最大の屈辱でありますから、今度こそ必ず満足させてやる。リベンジだという意気込みで臨んだアイテムです。


前置きが長くなりましたが企画者・プロデューサーとしての反省と覚悟から生み出された
戦場を雷のように貫く黒騎士 イグナイト・スパルタンです。

旧イグナイトと見比べると本体のボリューム感に加えて武装類の仕様が大きくかけ離れています。

旧イグナイトは肩が大きく頭部が小さいのでよりヒーローチックな感じですね。社内にはこちらの方が好みというスタッフもおりますが……旧イグナイトは画像の水色の部分が色分けされておりません(盾中心部・腹部軟質部分覘く)パーツが細かくなりすぎることや塗装でのコストがかかりすぎることが主な理由です。
※塗装工程一か所でランナー(大小ありますが)を一枚成型するのと変わらないくらいコストがかかります。

こちらがMORUGA氏によるリファイン設定画。シリーズが始まった当時はこのような三面図ではなくアイソメ図(斜めから見た図)が基本でしたがウィアード・テイルズの頃から設計用デザイン画の制作の仕方が変わっています。

※設計用のイラストのため、原型制作時に遊びにくかったり強度不足だと感じたところは最終的にアレンジされたもので量産されます。

MORUGA氏の場合は先に3Dデータでラフモデリングしてからデザインをされていますが、アイソメ図だけだと設計する人間やデザインをチェックする企画側からはギミックの検証や製品版での金型ボリュームなどが計算しずらいと感じたので相談の上このような形式での制作となりました。
※バルクアームなどのデザインを担当するF氏は元々三面図と機構試作などを使って検証しながら制作している。


そして完成したのがこちらのイグナイト・スパルタンです。
サブアームは片側8か所の可動範囲から「ユニバーサルアーム」と名称を改めました。


ユニバーサルには“万能の”とか“自在の”とか意味がありますが、名付けとしてはすべてで通用するというイメージを込めています。

より大きくなったランスは名称がコロッサルランスと変わりました。
基部に伸縮ギミックを持ち、機体に乗りながらも標的に槍先をぶち込むイメージです。

こちらが成型色での色分けです。アイセンサーは塗装済みとなります。
カラーリングは
□ブラック □ダークグレー □ライトグレー □シルバーの4色を使用しています。

巨大化したランスを持っても股関節が自重で開いてしまわないようにこれまでのボールジョイント式から3mm軸式に変更になりました。ボールジョイントよりも軸可動の方が関節の渋みを調整しやすいのです。
足首の関節構造もアーリーガバナーVol.1やウォーメイジに近い構造にブラッシュアップされています。

頭部の兜飾りは後ろに大きく伸びた大サイズと小さくまとまった小サイズの2種あります。
これは取り回しのしやすさや旧Ver.に近いデザインが欲しいというガバナーに向けた配慮となります。


手首周りの装甲は外側前方向に延びた部分がオミットされシンプルな形状に変わりました。手首のPVCパーツに干渉しないのでこれまでよりも可動させやすいと思います。
これも金型を流用していない新規設計でまとめられた恩恵です。
※手首PVCの色味はポーンA1やアーリーガバナーVol.1の色に合わせましたので豊富な表情手首に対応しています。旧版イグナイトやエクスパンダーは特殊な成型色だったので表情手首が対応していませんでしたからね。


脚の可動域です。走っている姿などは問題なくできます。


続いては深紅に彩られた新キャラクター「クイーンズガード」
設定上はSANATと多くの魂を宿す搭であるジェネレーターシャフトを守護する親衛隊です。エクスパンダーと同じく結晶炉の赤き竜を駆るドラゴンライダー。
そのことからエクスパンダーを使用する情報体がクイーンズガードへ移行、またはその逆も有り得るのではないかと噂されている。

商品化の経緯としてはスパルタンと金型コストを分担するという意味合いが大きいですが、世界観としてはイレギュラー(ジェスターやはぐれ情報体)が増えつつあるVF側の「カウンター」としての役割があります。

情報体となった者たちは命の在り方まで変容しているからこそ、自らが人で在り続けるために厳格な憲章を遵守します。それを逸脱するもの、秩序を壊そうとするものは細胞の一片すらも残さず焼き尽くす。
それが例えかつての同胞であっても。

使用するヘキサギアはSANAT直属の親衛隊であることを示すかのように
どれも赤く染め抜かれています。扱う機体はアグニレイジ、ボルトレックス・ラース、ジーク・スプリンガーなど多岐に亘る。

主要武器は「クリミナルバスター」
長大な閉鎖砲身を持つ準指向性エネルギー兵器の一種。
インペリアルフレイムを撃てないような状況で使用されるものとお考え下さい。
長いので設定解説は発売時に更新されるオフィシャルサイトのメカニックにて。

赤い碑晶質の刀身を持つ片手剣は「ジャックブレード」
ハイドストームのVICブレードに似た強制侵襲端子の機能を持ち対象の制御系統に接触させることで深刻な機能不全を起こす。
中央にSANATの紋章を配置した大盾は「ビヨンド」クイーンズガードの中で最も謎の多い装備である。ただの増加装甲ではないことは確実、少なくとも高度な外部演算装置であることは間違いない。

特殊な立ち位置のキャラクター故に設定も濃いですね。設定自由度の低いキャラクターですが物語を盛り上げるため、世界観に深みを与えるために重要なライバルキャラ(NPC)のような感じです。

こちらは素組状態。イグナイト・スパルタンと異なりアイセンサーは塗装済みにはなりません。色再現する時にはスリットに墨入れする要領で“流し込み”の後“ふき取り”して下さい。個人的には黒墨入れのスリットでもカッコいいと思う。
クイーンズガードには白麟角のように剣持ち用の手首パーツが付属します。ポーンA1と同じ手首デザインでは今回が初の剣持ち手になります。

通常の手首だと剣を持つとこうなります。

赤い装甲色はスパルタンの差し色としてもありですね。

“長もの”と言えばメガミデバイス「BULLET KNIGHTS ランチャー」が印象深いですが、「クリミナルバスター」もそれに近い長さを誇ります。全長は約277mm。

元々1/24スケールで作られた武器にもかかわらずフレームアームズの武器としても違和感のないボリューム感。


如何でしたでしょうか?
商品化の理由が“自分への怒りと反省の念”から来ているため少々熱くなってしまいました。
気に入ってもらえると幸甚でございます。

ジーク・スプリンガーについてはまた別の記事にてご紹介致します。
また次回。

企画:YUKI
イグナイト・スパルタン/クイーンズガード:キャラクターデザイン
© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ コトくじ お客様サポート ピックアップ