創彩少女庭園オフィシャルサイトリニューアルOPEN! 【コトブキヤ各店/お客様相談センター】営業内容変更情報

Language
English

これから始めるガバナーへ【ヘキサギアラインナップレビュー】

投稿:2020年08月30日
テーマ:作例・実演

 

ようこそヘキサギアワールドへ!

企画のYUKIです。ヘキサギア公式Twitterの中の人もやっています。

SNSなどでよく「ヘキサギアを始めてみたいけど何がオススメ?」という質問をされている方を見かけるので発売中のアイテムについて企画のYUKIが独断と偏見で商品の特徴をまとめてみました。(2回目)

 

ガバナーではなく搭乗機体としての「ヘキサギア」のレビューです。

いくつかの機体は昨年の段階ですでにまとめてしまったので今年は続きからいきます。

昨年のまとめ記事 【第一回 ゾアテックス編】【第二回 バルクアーム系/ブースターパック編】

バルクアームβ 標準仕様

ヘキサギアはなぜか「量産機の方が好き!」とよく言われるシリーズです。がバルクアームβはランバージャックという派生機からの商品化となりました。理由は……

量産機が好き!でもクソデカイ鉈を持ったライバル機はもっと好き!という人が多いだろうと考えたからです。

機体のベースはランバージャックと同じながらも頭部や武装には変化が見られます。このいかにも量産型ですという“単眼”と可動式のバイザーによってコミカルにもシリアスにも見えます。商品名に標準仕様と入ることで搭載武器はあくまでも初期装備であり、ガバナーの好みによっていくらでも改修の余地があるというストーリーもあって、第二世代好きには特に人気の機体。 本体の装甲色はギガンティックアームズのワイルドクローラーやBAラウドゲイルと同じデザートイエローなので組み合わせて使用しやすいのも高評価。

バルクアーム・グランツ レッドアラート

ヘキサギアシリーズ初のリミテッドモデル。コトブキヤショップ限定商品。バルクアーム・グランツを改修した近接戦闘仕様ということで新型のイケメン頭部と対装甲大型戦術刀“紅蓮”を引っ提げて登場しました。ヒロイックな機体に仕上げようとアグニレイジと同じ“赤い装甲色”にしようとデザインされましたが戦場でわざわざ目立つ色にする理由付けを考えるということに…キットブロックとしての仕様はグランツと同様ですがレッドアラートのセンサーはツインアイではなくバイザータイプ。同じイケメン頭部でも好みがわかれる部分なのでお好みで選んでもらえれば良いと思います。アグニレイジやギガンティックアームズのクリムゾンウイングと未塗装での組み合わせをしたいというガバナーにオススメ。 ランバージャックのスラッガーブレードと同じく碑晶質製の刀身を持った紅蓮に惹かれたという人も多いはず。

スニークサイト

低価格帯シリーズ「オルタナティブ」の第一弾として登場したスニークサイトは猛禽類をイメージしたドローンという位置付け。フレキシブルに可動する翼が人気でヘキサギアのユーザー以外にも使われています。メガミデバイスのユーザーに人気が高い気がしますね。各部は3mm径や5mmボールジョイントによって接続されており分解してカスタムパーツとして使うこともできます。

 

クロスレイダー

低価格シリーズ「オルタナティブ」として登場したクロスレイダーはフォレストカラーとデザートカラーの2色展開しました。商品化の経緯としてはインパルスタイプやバンディットホイールよりも小さいタイヤパーツが欲しいという要望が多かったからとなります。

実際インパルスタイプのタイヤを使うとバイクとしてはかなり太いので、オリジナルバイクとはいえ、もっと実際のバイクの見た目に近いものを作りたいという人が多かったのだと思います。各部はほぼ3mm軸径による接続構造で組み換え用のパーツとしても優秀。

短時間で組み立てられるオルタナティブシリーズはプラモにあまり時間を取れないといった忙しいモデラーにも人気のアイテムとなりました。ハードポイントも多いのでカスタムもしやすくヘキサギアの入門にもオススメです。

 

飛行ユニット ウッドペッカー

今売れています!!

ガバナー拡張プラットフォームという位置づけで企画されたウッドペッカーはガバナーを中心に各種機材を増設するための最小ユニットというイメージで構成されました。ガバナーを防護する最低限の装甲と拡張性の高いマウントアームや着陸脚など、カスタマイズ次第でオリジナルのパワードスーツを作ることができるのがポイントです。フレームアームズの腕や脚に対応したジョイントパーツが封入されているのでシリーズをまたいでの組み換えが捗るのもオススメのポイント。ヘキサギアとガバナーを同時に遊んでみたいけど、いきなり複数のキットをお迎えするのはちょっと抵抗があるというビギナーに手に取ってもらうためにオリジナルヘッドが付属したアーリーガバナー素体がセットになっています。

 

ヘキサギア DXヘッドクォーター

基地です。

ヘキサギアとガバナーが居てオリジナルの設定まで作った。次は俺の機体をメンテする基地が欲しい!という歴戦のガバナーにオススメしたいのがこのアイテム!ヘキサギア3周年を迎える今月発売したこのアイテムは長く続けられたからこそ商品化に結び付きました。

組み換え可能な床面や壁面とそれを繋ぐジョイント類に加え、情景づくりを強力にサポートするモニターや椅子など大人のブンドドには欠かせないパーツが盛りだくさん。子供の頃の気持ちに戻って遊んでほしい逸品です。敵の基地に攻め込むシチュエーションでもいいし機体のアッセンブルを変更するためのガレージでもいい!

 

スクラップ&ビルドを体現する一押しアイテムです。付属するモニターは紙芝居形式でセットするカードを変更すれば様々なシチュエーションで遊ぶことができます。70mm×40mmのサイズであれば他のカードをセットすることも可能なので各種グラフィックソフトを使える人はオリジナルのカードを作ってみるのも楽しいですよ。

スティールレイン

完全密閉型のコックピットと変形機構を有す戦闘ヘリ型ヘキサギア。巨大なローターブレードはシリーズ初期から要望が多かったパーツとなり、シリーズ4年目にしてようやく商品化となりました。キャタピラやタイヤがあるのだから当然欲しいよね!と心待ちにしていたガバナーも大変多かったと思います。飛行型メカは玩具としてみると可動する部分が少ないため触っていて面白いと思ってもらえるように変形機構を備えています。

またコックピットは頭部ユニットが搭載された装甲タイプと透明キャノピータイプを選択式で組み立てることができますのでお好みでご使用ください。コックピット内のシートには搭乗するガバナーに合わせて調整できるリクライニング機能やシート自体のスライドギミックまで完備。腕部に搭載したガトリング砲には別売りのウェポンユニット30 ベルトリンクに対応しているので総弾数を強化したい場合にはぜひ使ってもらいたい。

ハイトレーガー

元々スティールレインと合体を前提とした4脚ユニットとして企画されました。当然シリーズ内でも人気のバルクアームにも対応しています。上に重たいボディを乗せるのだから4脚とは言え普段通りの関節構造だと重さに負けるということで負荷のかかる部分には8mmという強力な関節軸を使用しています。(バルクアームの腰関節パイプと同様)

ぱっと見は地味な車輛ですが、ミキシングを楽しんでいるガバナーにとってはおいしい素材であることは言うまでもないですね。重機的なシルエットの機体を作るときに重宝することでしょう。ハイトレーガーの発売に合わせて完売していたバルクアームα密林戦仕様が再販されるのは偶然じゃあないんだぜ!

BAラウドゲイル

2020年度を締めくくるのはオフロードバギーからシステムコンバートする“いぶし銀”な人型ヘキサギアBAラウドゲイル。顔面の展開ギミックは予約開始まで隠していたので驚いた人も多かった。変形機構はもちろん、ガバナーの搭乗ギミックも最後発なだけあってこだわり方がハンパじゃない。付属武器のモンスターバレットは弾薬のリロード機構にこだわった大型武装でSNSでの反応も上々。シリーズ最大ボリュームのワイルドタイヤが車両系のヘキサギアを作るガバナーに大好評間違いなしだ。男の子ってこういうのが好きなんでしょ?というのを詰め込んだ機体なので手に取ってくれると嬉しい。(もちろん男女ともに)

 

さて、ヘキサギアの商品展開はセカンドシーズンを終えてサードシーズンへ突入します。

新規発表の「ウィアード・テイルズ」を皮切りにゾアテックスヘキサギアの開発が加速します。とはいっても第二世代系の機体が完全に停止するわけではありませんが。

 

新規ファンの方もシリーズ初期から応援してくれているファンの方にも楽しんでもらえるようにより良い商品づくりをしていきたいと思いますので引き続き応援のほど何卒よろしくお願い致します。

 

今日のブログはまだまだ続くぞ!

また次回。

 

企画:YUKI

© KOTOBUKIYA

 

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ