【コトブキヤ各店/お客様相談センター】営業内容変更情報(6/1現在) アンケート活動再開のお知らせ

Language
English

戦闘ヘリ型ヘキサギア スティールレインご予約開始です

投稿:2020年04月23日
テーマ:商品情報


スティールレインは2.5世代に分類される回転翼機型の可変ヘキサギアである。

長く続く企業間抗争の原因となった結晶炉とそれが生み出す莫大な価値を求め、人々は環境管理AIの警告を無視し欲望のままにヘキサグラムを生成し続けた。必然的に加速する大地の汚染に対し、抗争の早期終結の必要を覚えた世界最大規模の軍産複合体MSGは、戦局を打開する一手として、新たなコンセプトを持つヘキサギアの開発に着手した。完成した新型機は、内容としては第一世代に近い“動力をヘキサグラムに置換した回転翼機型”である「前期型」と、それにヒト型へのシステムコンバート機構を付与した「後期型」が存在し、両者は外観こそ酷似しているものの、その特性は大きく異なる。

前期型は当時すでに世界中から姿を消しつつあった航空機であるという点 以外に大きな特徴は無いながら、標準仕様として備えた2門の 20mmガトリング砲をはじめとした豊富な実弾兵装オプションは高い信頼性と対地攻撃能力を誇り、上空からの攻撃という特性との組み合わせは車輌や二足歩行を基本とした当時の第2世代ヘキサギア全般に対して非常に大きなアドバンテージとなっている。

後期型ではこれに加えて操作系に追加されたBMIと作業肢による極めて迅速な火器の換装 、物資の運搬と、可変機構によって地上での制圧戦闘までこなす汎用性をも持つに至り2.5世代型ヘキサギアとして区分されている。

ただし機体の生産コストについてはバルクアームα数体分にまで肥大化し、第二世代ヘキサギア全体でも見ても明らかな高コスト機体であったと言わざるを得ない。

運用面においても航空機故の繊細な機体整備と頻繁な弾薬補給は搭乗ガバナーの手に負える物では当然なく 、高度な技術を備えた各種地上支援部隊の存在が 肝要であったことは言うまでもない。またその飛行性能を十全に発揮するにはメインローターの動力だけで相当数のヘキサグラムを必要とし、これも他の第二世代ヘキサギアの十数倍に達している。これは大重量の物資やヘキサギアの空輸すらも可能とした仕様の代償であるが、特に変形機構のために自身の重量も増加している後期型で顕著となっているため、総合的なコストを重視した結果、敢えて前期型を選択し運用する部隊も存在したという。

戦線へのスティールレイン部隊投入の効果は安定して高く、後年においてもその成果は十分にコストに見合ったものであったと評価されているが、この大きなリソース負荷に応え続けることは巨大資本を誇る当時のMSGであっても容易ではなかった。このような事情から、「逼迫した戦線に投入され暴風雨さながらに劇的に前進させたにも関わらず直後に基地から追い出された」というジョークすら残している本機だが、対峙する側から見た場合には当時最も多くの者に恐怖を与えたヘキサギアとして語り継がれている。

戦場の空に現れた“鋼の雨”は、吹き荒ぶ銃弾の嵐で地上を這うすべての“もの”に沈黙を強制するのだった。

「MSG管理区域内に侵入する不明勢力を確認。これより排除行動に移る」

 

企画のYUKIです。本日より戦闘ヘリ型ヘキサギア「スティールレイン」がご予約開始となりました。

2019年9月のホビーショーから約半年……お待ちいただいているガバナー諸氏には必ずや満足いただけるキットとなったのではないかと思います。
今回は撮影、機体解説も普段以上に気合入った内容になります。どうぞよろしくお願い致します。


うちのプロデューサーは前置きが長いのよね。
長ったらしい機体解説は興味のある人だけ読めばいいわ。
カタログの画像だけじゃ伝わらないギミックは私が手早く解説していくことにするわね。


これがパーツリスト。腕や脚は撮影スペースの都合上半分だけ分解してあるわ。バルクアームと同じく細かいパーツまでユニットを分解できるのは同じね。


コックピットのキャノピーは2種類付属。フロントカバーは前面へスライド、上部のキャノピーと側面のドアは開閉が可能。

触ってもらわないとわかりづらいけど要はこういうことよ。

コントロールユニット自体にスライドギミックがあってガバナーに合わせて調整ができるわ。

プロデューサーが今回最もこだわっただけあってコックピットはギミックが満載ね。シートにはリクライニング機能ヘッドレストの可動まで備えているので私のような“華奢”な女にもちゃんと対応しているわ。

ヒューマノイドモード時に現れるセンサーは目線を左右に振ることができるわ。

無機質な印象を与えるかもしれないけど“表情豊か”な“かわいい”ところもあるのよ。

機体の下部からじゃないと見えないけど小さいコンテナを備えているわ。ガバナー用の小火器類なら入ると思うわよ。

両腕に装備している20mmガトリング砲はおなじみのウェポンディーラーが制作したものよ。ユニット単位で細かく分解できるのはいつものことね。

ロケット弾のポッドは中心のパーツを取り外すことができるわ。理論上無限連結が可能ということだけれど、無限連結可能なロケットって何よ。

空対地ミサイルは一機ずつパイロンから取り外すことができる他にも基部が可動して並列にできるみたいね。

ざっとこんなものかしら。プロデューサーが言うには第二世代にとってのアグニレイジ的なポジションということでかなり気合の入った設計になっていることは保証するわ。
これから発売するハイトレーガーとの合体ギミックもあるしね。

……何なのかしらこれ?あんたたちだったらこれの浪漫が分かるのかしら。

 

今回はコトブキヤショップの購入特典も豪華だそうよ。

大盤振る舞いね……詳細はこちらからどうぞ

ガトリング砲に取り付ける弾倉か。いいチョイスだと思うわ。

ウェポンユニットとして発売している「ベルトリンク」よりベルトの長さが延長されているじゃない。しかも左右分?許されるの?こんな贅沢が!


さらにノーズアートのデカールまで付くの?シャークマウスなんて誰の趣味なのかしら…デザインはスティールレイン、バルクアームと同じくF氏というデザイナーが担当しているそうだけど。
それにしてもこのノーズアートクイーンのイラスト。誰に断ってこんなイラストにしたのかしらね。

そして日本のロボ好きは擬人化が好きね本当に。

こんなところかしら。プロデューサーに頼まれた仕事はこなしたつもりよ。

 

戦闘ヘリ型ヘキサギア「スティールレイン」
2020年9月発売予定で本日からご予約開始。

ご予約お待ちしてるわ。

それじゃ今日はこんなところで失礼。
また次回ね。

 

企画:YUKI
© KOTOBUKIYA
スティールレイン/ノーズアートデカールデザイン:F

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ