【コトブキヤ各店/お客様相談センター】営業内容変更情報(6/1現在) アンケート活動再開のお知らせ

Language
English

バルクアーム・グランツ レッドアラート発売!作例「バルクアーム・イグニス」紹介【その3】

投稿:2020年03月28日
テーマ:作例・実演

企画のYUKIです。シリーズ初のコトブキヤショップ限定品である「バルクアーム・グランツ レッドアラート」を使用した作例解説3回目。

ヘキサギアの世界観では赤い機体は特別な意味を持つとTwitterで発言したことがありますが、実際に商品化の際にも特別商品として展開されています。

同じカラーリングを持つ商品として


・結晶炉を守護するヴァリアントフォースの赤い竜「アグニレイジ」


・コトブキヤショップ限定購入特典「アグニレイジカラー カスタマイズパーツセット」
※画像は特典パーツ+アグニレイジ一部パーツを使用したボルトレックスです。特典配布は終了しています。


・コトブキヤショップ限定品「バルクアーム・グランツ レッドアラート」


・Amazon.co.jp限定品「ギガンティックアームズ07EX クリムゾンウイング」
がありますが多くが限定商品となっています。

戦場で人の目を惹きつける華美な見た目なので、設定解説にもフレーバーが強めなものが多いのが特徴ですね。

さて、今回(3回目)は作例で特にこだわった脚部を解説していきます。

前回制作した股関節に脚部を取り付けた完成画像。まずは完成のイメージを確認してから制作すると捗ります。


まずは足首から進めていきます。画像のジョイントセットEは最終的に全身の荷重を支えることになるので強度を高めるために瞬間接着剤を塗布して勘合を強めました。

共通規格で商品を展開する際には組み換えの都合上、個々のジョイントによって勘合を変えると緩かったりきつかったりするので基準値に揃えて設計しますが、組み換えると荷重の加減によって「支えられるもの」「支えられないもの」が出てきます。

瞬間接着剤はそういった状況に合わせて、重いものを支える時に塗布して乾燥させると「軸」を太らせて勘合を強化することができるツールとしても使用することができます。

YUKIは時間短縮を行うために瞬間接着剤を塗布した後には硬化を促進させるスプレーをよく使用します。独特の“におい”がありますので使用時はよく換気し、周囲にこの“におい”が苦手な人がいたら(得意な人はいないと思いますが……)使用を控えるなどしましょう。

では続きです。これは脛の横のアーマーです。
コトブキヤの作例解説で度々登場する3mmランナー。M.S.Gやヘキサギアのランナー外枠は多くの部分が3mm径になっているので、切り取って組み換えに使用できます。注意点として、繊細な刃を持つニッパーなどでは切らないようにすること。良い道具もちゃんとした扱いをしないと長持ちしません。


これは膝のアーマー。

接続して画像のようにしておきます。

これはアンクルガードです。大型の足首に向かって大きく末広がりになるシルエットを作る上で大きな役割があります。

ジョイントの向きに注意してください。

これも重要なパーツ。どっしりとした力強いシルエットを作ることができます。

サイドカバーの完成です。ジョイントの向きに注意してください。

足首と脛のフレームを接続していきます。
脛のフレームは荷重によって可動部が開いてしまうので接着固定しました。スタンドなどを使用する場合には接着は必要ないかもしれませんので自己判断で。

各部にアーマーパーツを取り付けていきます。
膝のアーマーは脛フレーム上方の3mm穴に取り付けます。

アンクルガードを取り付けます。

サイドカバーを取り付けます。

大腿部と脛を取り付けます。大腿部はレッドアラート足首やホイールを外した他は基本状態のままです。

大腿部のサイドアーマーを取り付けます。画像ではランバージャックの手首基部を使っていますが、同じ役割をすれば別のパーツでも大丈夫かと思います。例:ヘキサグラムPC+ジョイントセットAなど

後ろから見たところです。

両足分が完成したら、胴体に接続します。

成型色が同じってステキだなと思いました(笑)

というわけで3回に分けて掲載した作例「バルクアーム・イグニス」
ベースとなった商品は
「バルクアーム・グランツ レッドアラート」コトブキヤショップ限定品
「ギガンティックアームズ07EX クリムゾンウイング」Amazon.co.jp限定品
組み換えで再現するハードルは高いですが

「色違いだがすでにパーツは揃っている……後は組み立てるだけだ……」

という人は試してみてください。

クリムゾンの代わりにルシファーズウイングを使って塗装するのも良いと思います。

次回はレッドアラートに付属するアーカイブカードについて……
また次回。

企画・作例制作:YUKI
© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ