Language
English

ヘキサギア初の単独イベント『HEXA GEAR EXHIBITION 2019』開催!コトブキヤショップ限定 バルクアーム・グランツ レッドアラートご予約開始!

投稿:2019年10月25日
テーマ:商品情報

企画のYUKIです。昨日オルタナティブモデル第一弾「スニークサイト」がご予約開始となったばかりですが

本日よりヘキサギアシリーズ初のコトブキヤショップ限定品
「バルクアーム・グランツ レッドアラート」のご予約が開始となりました。

塗装完成品が10月25日(金)~10月27日(日)までコトブキヤ秋葉原館5Fのイベントスペースである「コトブキヤベース・アキバ」にて展示中。
イベント名が『HEXA GEAR EXHIBITION 2019』ということで1フロアまるごとヘキサギアという豪華な内容となっております。

※ヘキサギアシリーズ初の単独イベントだよ~やったぜ!(YUKI)

そしてついにコトブキヤ限定品を作るところまで来ました…コトブキヤ限定品の商品化には実際に店頭で販売するコトブキヤショップの運営元からの「やりたい!」というオファーが来て初めて成り立つものなので限定商品を作りたいと思われるところまで来たということですね。嬉しい。

さて、この『HEXA GEAR EXHIBITION 2019』の展示内容ですが、全日本模型ホビーショーにて発表された2020年度に発売予定となっているラインナップが展示中。さらにブログなどで未公開の作例がたくさん展示されています。

公式ガバナー「糸山 雄大」の他にも私、YUKIによる超大型作例「ウラガーン」や新しく営業部に配属された見習いガバナー「お芋男爵」による作例がぎっしりと詰まっています。


会場内には秋葉原館所属の公式ガバナー「TAKA」による1/24スケール コトブキヤ秋葉原館前ジオラマが設置されており、実際に自分の制作したヘキサギアを展示して撮影することができます。

ジオラマの隣にはヘキサギアをセッティングするための作業スペースを設けていますので、どうぞご活用くださいませ。

会場の外にはメッセージボードが設置されているので、ぜひ会場にお越しの際にはガバナーの心の叫びを一枚の付箋に込めて貼りつけてもらえればと思います。

開催は27日(日)までなので秋葉原にお越しの際にはお立ち寄りいただければ幸いです。

 

で、レッドアラートについて語っていきましょう。

今回の機体解説で“レッドアラート”という名前は当該機体を指す、あるガバナーが愛機に名付けたペットネームであると記載しております。

初期は標準仕様のグランツに搭乗していたガバナーが純正品の頭部をぶっ壊しまくった結果、パーツのストックが無くなり新型の近距離戦闘に特化したモデルに変更…物語を描く立場からするとキャラが立っていて非常に動かしやすい感じにまとまっていますが、我々ガバナーにとっては割と当たり前なカスタマイズですよね。

件のガバナーはレッドアラートという名前を与えたわけですが、ガバナーの皆さんは愛機になんという名前を与えるのでしょうか。それも発売後の楽しみと言えると思います。

こちらは今回の新規造形となるヘッドパーツと、形状変更に伴いビークルモード時に干渉するシールド先端のデザインです。メカデザインは通常のグランツと同じく「F」氏。

武装として通常のグランツとの差別化を図るために人気のウェポンユニット06 サムライマスターソードの特殊成型色Ver.が付属します。
機体解説の中にレイティングゲームで出会ったチャンピオンの振るうスラッガーブレードに太刀打ちできなかったという過去を持ち、新たに希少素材「碑晶質」を鍛え上げた対装甲大型戦術刀・改「紅蓮」を引っ提げて再戦に臨む…というシチュエーション。

今回の機体解説は限定品ということもあり、遠慮なく特定キャラクターを使った多分にヒロイックなテキストになっており、「好きな人にはぶっ刺さる」感じを目指したので人を選ぶかと思いますが喜んでもらえれば幸いです。

 

毎回機体解説の中にメカニックとしての解説と浪漫成分多めの内容をどこかに入れるのが決まりなのですが、今回のあの台詞は非常に難産でした。最初に書いた内容を見せた時に糸山氏から目頭が“ブワーっと”熱くなるいつもの浪漫成分が足りない!!!とリテイクを食らい…新たな台詞を一つ考えるのに一晩かかりました。

レイティングゲームで出会ったチャンピオン「ブラッドマーク」という聞きなれない名称が出てきました。ブラッドマークはランバージャックに「血のような赤いライン」を施したチャンピオンの愛機です。この“赤いライン”に見覚えがある人は当ブログをよく読んでくれているということですね。二人の対決については時期が来ればしっかりとエピソードとして書きたいと考えております。

 

さて、商品の成型色についてもお話し致しましょう。

シリーズの初期こそ、機体別に設定カラーを用意していたヘキサギアですが、現在は特別な場合を除いて、既存機体とカラーリングを合わせて組み換えがしやすいようにしています。

レッドアラートの場合はアグニレイジの赤ロード・インパルスの黒を主に、シリーズ共通のガンメタが使用されています。

パッケージなどにも使用する写真は発売のタイミングで購入できる商品でないといけない。という制約があるので今回もアーリーガバナーにモデルをお願いしました。が、グランツ系に似合うようなカッコイイデザインのガバナー企画が新たに進行中。こちらの続報にもどうぞご期待ください。

というわけでイベントに合わせてご予約開始となったバルクアーム・グランツ レッドアラート。

どうぞご検討くださいませ。

そして、来年3月の「レッドアラート」が発売となるタイミングでもヘキサギアのイベントを企画中…

会場ではこれまでに制作してきたアートワーク展示や、珠玉のイラストやエンブレムなどを使ったグッズの試験販売を検討しており、KARMASANAT、リバティー・アライアンスやアースクライン・バイオメカニクスの企業ロゴを使ったグッズとか作りたいな~と考え、各所と調整中でございます。

どうぞ応援よろしくお願い致します。

【オマケ】

レッドアラートの撮影をしていた時期にツイッターで盛り上がっていた
#フィスト・バンプチャレンジ をやってみました。

自分の機体やガバナーの拳をだれかの拳と突き合わせる。といったSNS上での遊びですがこういうのも楽しいですよね。
ぜひともレッドアラートとフィスト・バンプチャレンジを試してみてください。

では本日はこのあたりで失礼!
また次回。

企画:YUKI
レッドアラートデザイン:F
© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ