Language
English

バルクアームβ 標準仕様 予約開始だぜ!

投稿:2019年10月16日
テーマ:商品情報


ガバナーのみんな元気してるか?
昨日からバルクアームβの標準仕様がメーカー予約開始となった。

α型の二足歩行じゃ高速化していく戦場についていけなくなったんだな。


今日は俺がこの機体の試運転を任されている。そこでよく見ておいてくれ。

ご覧のとおりコックピットシェルをはじめとした多くの部分はα型と同様だ。慣れ親しんだ機体に仕様が合わせられているのは助かるぜ。

脚部のホバーユニットで動きが軽快になっている。α型のずっしりとした歩みも好みだがこれはこれで敵を翻弄しやすい。武装が最低限しかないのは機体のコストがさらに上がったからか…こればっかりは仕方ない。

だが俺は重量過多も覚悟の上で好みの武装を選ばせてもらう。


コトブキヤというウェポンディーラーからは大量の武装が発売されているな。

こちらの世界ではMSGという企業を通じて手広くやっている。このディーラーは何かにつけてガトリング砲を作りたがるが俺もその気持ちはよくわかる。圧倒的な火力で面制圧する時はいつも気分爽快だ。


ダイナミックチェーンソー。このサイズのチェーンソーをガバナーが受けたらひとたまりもねぇ。重量もそれなりにあって動きが少し鈍るな。だが嫌いじゃない。

回転するチェーンの音が聞こえるかい?こいつを使えばバルクアームの重装甲だろうが切断できそうだぜ。

脚部のホバーユニットは単独でガバナー用のホバークラフトとしても使用できる。破損した時のために予備を持っておくと細かい調査任務にも使えるな。

さて試運転ということで標準仕様のまま遊んでみたが…俺の好みからは微妙に外れる。
ここからは俺の好きにさせてもらう。いいよなプロデューサー!

バルクアームβ 重武装仕様【デモリッションクローラー】
積載量が気になるなら足回りごと交換してしまえば良い。
このワイルドなクローラユニットならどれだけ武装を積もうがお構いなしだ。二本の足で歩くよりは速度も出る。文句ないだろ。

背面から見ても痺れる佇まいだ。

履帯の情報量に加えて、一つ一つがヘヴィ級の火器類を満足いくまで搭載できる。ちなみにだがワイルドクローラーと言われているこのタンク脚は2セット分を使用して制作している。参考にしてくれ。

好みの武装は見つかったかい?そう簡単には決められないか…だったらこっちのカタログから好きなのを選びな!

【画像をクリックするとカタログPDFがご覧いただけます】


これだよコレ!俺が求めていた機体はこいつだ!

新規要素のホバーユニットを外してまでやることがコレか?と言われたらごもっともだが、ガバナーなんてのは自分と相性の良い機体に乗った方が勝率も上がるってもんよ!あんたもそう思うだろプロデューサー!
左腕のデカイ爪を知ってるかい?スパイラルクラッシャーというやつだ。この重量で突っ込んで相手のどてっ腹に風穴を開けてやる。

肝心のバルクアームβ標準仕様に含まれるユニットリストだ。

プロデューサーからの命令でな、これだけは必ず紹介するように言われている。ランバージャックに付属していた脛の増加装甲「ブルアーマー」も付属する。そしてバルクアームαの頭部2種も組み立て可能な点が憎いぜ。
機体の装甲色はギガンティックアームズ ワイルドクローラーやヘキサギア ブースターパック003〈デザートバギー〉のものと同じだそうだ。理由は聞かなくてもいいよな。


まぁ“自分好み”の機体に仕上げるのも楽しいが、そのままでも良い性能なのは俺が保証するぜ。

“砂塵を疾走する砂色の巨人”というのも色気があるだろう。相棒のバギーに後れを取ることもない。

 

最後にコトブキヤというディーラーについてダメ押しの宣伝をしておくぜ。

バルクアームβ 標準仕様の発売日から始まるキャンペーンだ。

※キャンペーン詳細はこちらから!
バルクアームβ 標準仕様の派生機であるランバージャックはもう知っているな?
知らないやつはこちらから確認してくれ。

バルクアームβ標準仕様の予約または購入で新規ユニットとなる「頭部パーツ」のスペシャルカラーをプレゼントだ。

この装甲色はランバージャックの装甲色と同じブラックだ。未塗装での組み換えが捗るのは確実だから気になるガバナーはチェックしてみてくれ。

特典Ver.のセンサーは無色クリアーとなる。塗装してオリジナルカラーを作りたいガバナーにとっては朗報だな。当然ながらキャンペーンは特典がなくなり次第終了となる。

早期終了となってもコトブキヤを責めてやるなよ!

というわけで長く続く企業間抗争の中で多くの活躍を見せるバルクアームシリーズ。β型もガバナー独自のカスタム機が数えきれないくらい存在しているらしい。あんたの機体とどこかで出会ったとしても手加減は無用だ。

2020年3月発売
宜しく頼んだぜ!

企画:YUKI
© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ