Language
English

ギガンティックアームズ新作「ストライクサーペント」&「オービタルマニューバー」を使用した超大型作例

投稿:2019年10月08日
テーマ:作例・実演

企画のYUKIです。

昨日よりモデリングサポートグッズ「ギガンティックアームズ ストライクサーペント」そして「ギガンティックアームズ オービタルマニューバー」のご予約が開始となりました。
このアイテムはファイナルギガンティックコンビネーションと題したフレームアームズ・ガールなど150mmほどのアクションモデルが搭乗できる超大型のパワードスーツを作るためのユニットとして開発されました。

こちらがストライクサーペントの全体図。海竜のようなシルエットのビークルです。ガバナー用の搭乗席はありませんが、すでにコックピットのパーツはかなり出揃っていますので、グリップやシートパーツのみヘキサギアから持ってきて組み換えることで海上で活躍する第三世代ヘキサギアを作ることもできそうです。

こちらはオービタルマニューバー。大型魚類をイメージしたビークル。ストライクサーペントと同様にガバナー用の搭乗席はありません。

このアイテムにおいて重要な大型のブースターはこれまでのM.S.Gでも見たことがないようなサイズ感となっています。

バルクアームβ ランバージャックにオービタルマニューバーを2セット使用した強襲仕様。

インパクト大のフレームを使用した大口径砲。バルクアームの関節ならこのサイズでも問題なく支えることができます。

ヒト型の“らしさ”をすでに失った異形。高速で対象に接近して規格外のマニピュレーターでコックピットを握りつぶす…とか妄想が捗りますね。

元から高機動型であるバルクアーム・グランツのビークルモードに使い捨ての大型ロケットブースターを増設。搭乗するガバナーはアーマータイプを装着していないとただでは済まないかも…

と簡単な使用例をいくつか紹介してきました。これまでにない大型ユニットが多いので細かいパーツをつなぎ合わせることでは叶わない表現が可能になります。

ここからはブログ用に撮り下ろした作例をご紹介します。

ロード・インパルスにサーペントヘッドやブースターを増設しただけですがかなり印象が変わります。

各部のハードポイントの殆どが5mm径穴やヘキサ孔となるストライクサーペントとオービタルマニューバーはこれまでのギガンティックアームズに比べてヘキサギアシリーズと相性が良いと思います。

特別な加工は何も行わずに頭部を換装することができます。

サーペントヘッドは蛇腹状のブロックを無限連結することが可能。5mmボールジョイントの付け根が可動軸になっていることもありかなりフレキシブルな表情付けができます。


商品企画のスタートこそ「アルティメットガーディアン」という大型パワードスーツの腕と脚を構成するユニットとして開発してきたと各所で申し上げてきましたが…ガバナーにとってはどのようなアイテムであっても素材の一つでしかない。
頑丈な10mm径関節ユニットという貴重なパーツとして考えてもらって良いでしょう。

ここからは本製品の“主役”となる「10mm径関節をもったフレーム」を存分に活かした組み換え例をご覧いただくことにしましょうか…

「こちらはリバティー・アライアンス…正体不明の超大型ヘキサギアを発見した。先の戦闘で暴れまわった例のバケモノと同等のサイズだ、馬鹿げてるぜ」

「あんな分厚いフレームは見たことがねぇ…あれで第三世代だってのかよ」


「野郎!こっちに向かって来やがった…ガバナーはイグナイトだ、気づかれる前に場所を変える」

「あのバカでかいロケットブースター…まさかあの巨体で飛ぶつもりじゃないだろうな…ん?何か開いたぞ…」

SANAT代理体『生体反応を検知。殲滅しますか?』

「ミサイル…か?あの数のマルチロックミサイル…まさか俺に向けて?正気かよ!!」

イグナイト「弾の無駄だ…見逃してやれ」

 

オールイン・ジ・アースに匹敵する超大型ヘキサギア作例です。

制作は公式ガバナー糸山 雄大が担当。組み立て済みのパーツを使って約90分ほどで組み換えを行いました。

使用キットは

ストライクサーペント×2

オービタルマニューバー×2

アグニレイジ×1(コントロールユニットのみ)

ヘキサグラムをはじめとした各種ジョイントを数種です。

ヘキサギア ユーザー参加型イベント「MISSION 01:熱砂の暴君」のボスエネミーとして登場した

「オールイン・ジ・アース」はギガンティックアームズなどを中心に数多くの商品をミキシングした超巨大作例。

ですがその巨体を支えるには5mm径の関節ですら強度不足となり自立させるのは不可能なものとなっています。

先の経験からこのような大型作例を制作する際に十分な強度を持ったフレームの商品が必要と考えておりました。

新たに制作したこちらに機体設定はありません(今はまだ)
オールイン・ジ・アースと異なり自立しているその姿から足腰が大幅に強化されているのが伝わるかと思います。
※尻尾は勘合調整をしていないため垂れ下がり防止にアクリルブロックを使用しています。

如何でしたでしょうか?
アルティメットガーディアンの四肢として使用するも良し。

単独のビークルとして遊ぶも良し。

そんなもん知るか!とにかくバラして超大型の素材だ!と

どのように使っていただいてもOK。

いつもどおり「破壊も創造もすべておまえが決めろ…」ということです。

先日、大盛況となった全日本模型ホビーショーからガバナー達の勢いが増しているのを感じています。SNS上では多くの作品が集う集合写真が有志によって制作されるなどガバナー達の活動が活発化しています。新たにヘキサギアを始めましたという人も沢山確認できており、ガバナーの総人口を増やすという目的にまた一歩近づきました。

※先日行われたニューヨークコミコン会場の物販でもロード・インパルスが人気だったとか…カッコイイというのは世界共通なんですね。

本日ご紹介したアイテムもこれまでのアイテムでは賄えないような機能を持った商品となり超大型のヘキサギアを作りたいと考えている人に向けたアイテムです。
ご活用いただけますと幸いです。

ギガンティックアームズ ストライクサーペント
ギガンティックアームズ オービタルマニューバー
2020年2月発売予定となります。
どうぞご検討ください。

ではまた次回

企画:YUKI
メカデザイン:F
超大型作例制作:公式ガバナー 糸山 雄大
© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ