マイナビ2020

Language
English

全日本模型ホビーショー ヘキサギア新製品情報その2【オルタナティブモデル】

投稿:2019年09月27日
テーマ:商品情報

企画のYUKIです。

本日の全日本模型ホビーショー初出となる新製品情報第2弾。
こちらは新コンセプトの規格となります。

題して「オルタナティブ」モデル
ヘキサギアらしい組み換えギミックはそのままに「低価格帯」を目指した小型モデルのシリーズです。

ヘキサギアを始めたいけれどガバナーとギアの両方を購入するとそれなりの金額となるということから
低価格帯の商品が欲しいという要望は以前から頂いておりました。

しかし1/24スケールの搭乗型ヘキサギアとなると大型化は常について回る問題なので、低価格帯というのは商品として展開することが難しい…
しかしガバナーと一緒に遊べるものでないといけないという理由から、小型のドローンなどを商品化していこうという結論に至りました。

現時点でラインナップされているのは動物型のドローンや普通のバイク、そして組み換えに特化した単色成型のヒューマノイドです。

どの機体も大量配備に適した簡易モデルながら各部の接続径が3mmとなっており組み換えギミックのポテンシャルは必要充分。

これからヘキサギアを始めたい“ルーキー”に持ってこいのアイテムかと考えております。

フライドローン「スニークサイト」
デザイン画の初出はヘキサギアオフィシャルサイトの世界観設定資料集「WORLD OF HEXA GEAR」の兵器・テクノロジー2の項にてシルエット公開されておりました。
メカデザインはゾアテックス系でおなじみの「MORUGA」氏。

乗り物ではないので通常ラインのゾアテックスヘキサギアよりも動物らしさが強調されたデザインとなっております。

ケツァール自体がファンタジー寄りのキャラクターデザインなので動物的なシルエットのメカと相性が良いですね。

狩人が放つ「使い魔」。

頭部ユニットはガバナーの頭部としても使用できる構造なので画像のような組み換えもお楽しみいただければと。

 


二輪型第一世代ヘキサギア「クロスレイダー」
こちらは「デザートバギー」や「フォレストバギー」のように2色展開を想定しています。
この商品はレイブレード・インパルスやボルトレックスなどを組み換えて普通サイズのバイクを作りたいけどタイヤが太すぎるという悩みを聞いたことから商品化を行いました。

アーリーガバナーなど普通の兵士スタイルだとレイブレード・インパルスをはじめとしたゾアテックス系よりもこちらのようなデザインの方が似合いますよね。

※と言いつつ新作の頭部パーツを使っていますが…

ガバナーとのサイズ感も程よい感じです。

今回のモデルにはポーンA1を使いましたがこれはこれで等身大のヒーロー感が出てカッコよいのでは?

 


ヒューマノイド・ジェスター
こちらは公式ガバナー「糸山 雄大」氏が考案した組み換え特化のフレームにメカデザインを行ったアイテム。

肘や脛下が3mm径接続となっており別売りのM.S.Gなどと組み合わせることが可能。

体系を変化させることができるガバナーサイズのパーツということで玩具的に面白いギミックが詰まっています。

どのような機体解説になるのかは今後の展開をお楽しみに…

首はVer.1.5系のような前後に可動する構造ではなく左右に振る構造となっており少し不気味なポージングができます。腰部の可動域もこれまで以上のものとなり、地面に拳を突き立てるポージングも簡単にできます。


如何でしたでしょうか?

同一シリーズ内での違いとしては
通常の「ヘキサギア」がM.S.Gで言うところのギガンティックアームズ、「オルタナティブ」モデルがヘヴィウェポンユニットとご説明すると伝わりやすいでしょうか。

小型化や色分けの省略などによって大量配備したくなるような機体の商品化を実現するという目的から生み出された「オルタナティブ」モデル。
ご期待いただけますと幸いです。

新製品情報はまだまだ続きます。
それではまた次の記事にて…

また次回。

企画:YUKI/糸山 雄大

スニークサイトデザイン:MORUGA
クロスレイダーデザイン:KOTOBUKIYA
ヒューマノイド・ジェスターデザイン:Takimoyo
© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ