マイナビ2020

Language
English

ガバナー アーマータイプ:ポーンA1 Ver.1.5 パラポーン・センチネルVer.1.5レビュー

投稿:2019年08月23日
テーマ:商品情報

企画のYUKIです。

ガバナー アーマータイプ:ポーンA1およびパラポーン・センチネルVer.1.5の発売日が決定しました。
2019年8月28日(水)より順次発売となります。
※上記日程はコトブキヤショップでの発売日となります。お取扱店によって入荷状況は異なりますのでご注意ください。

そして遅くなりましたが製品サンプルが届きましたので早速ですがレビューを行いたいと思います。

まずは旧版との違いをパッケージからご確認ください。
Ver.1.5の発売段階でも旧版が店頭に残っている可能性がありますのでご購入時の目印としてご覧いただければ幸いです

右上のVer.1.5というマークが目印。

側面から見るとVer.1.5の方が箱の厚みが増しているのが分かります。側面には可動範囲の向上などギミック面の追加要素などが記載されています。


裏面はメインカットの変更やカードイラストの有無も異なる箇所になります。

アーカイブカードはガバナーのキャラクターデザインを担当する「MORUGA」氏による書き下ろしとなりました。

ポーンA1はまさかのマスクオフ状態。

毎回アーカイブカードのイラストはMORUGA氏のオリジナル解釈によるディテールアップが面白いところですがセンチネルがかなり悪そうになっています(笑)
腕に自信のあるガバナーは“パテなど”でぜひとも再現してみてほしいと思います。
※旧Ver.のアーカイブカードを持っている人は大事にしてね。


こちらはセンチネルのパッケージ。イラスト自体は変更がありませんがポーンA1と同じく右上のVer.1.5マークが目印。

同じく可動ギミックについての記載があります。

裏面も同じくです。

こちらは素組状態。

ユーザーから寄せられたご意見を基にして満を持してのバージョンアップ!背部のヘキサグラムコネクタも本体への取り付け方が3mm軸による接続に変更になりました。

旧版に比べると頭部の構成がかなり変わっています。PVCパーツによる一体成型→3パーツ構成+成型色分け。
カメラアイは旧版がソリッドカラーのブルーだったのに対し、Ver.1.5はメタリックブルーとなっており、以前より発光している感じに見えます。首の表情がつくことによって、より人間味のあるポージングが可能。

遠景では判別が難しいかもしれませんが、センチネルは分かりやすい変更箇所があります。

頭部のアップを見るとわかりますが“口にあたるマスク部”の色分けが向上しています。
腹部のアーマーも可動させている時に“こすれて色ハゲしてしまう”ダメージが軽減されていると思います。

素材がPVCからPSに変更になることによって可動範囲が狭まってしまうのを防ぐために腰のサイドパックにも可動ギミックが追加されました。


フレームアームズ・ガール ハンドスケール轟雷のパーツを借りました。ガバナーサイズのフリースタイルバズーカです。ポーンA1のハイパーバイブレーションソードをハンドスケール轟雷に持たせることもできます。

首のボールジョイントの径が同じだったのでこんな遊びもできました。

如何でしたでしょうか?

ガバナー アーマータイプ:ポーンA1 Ver.1.5
ガバナー パラポーン・センチネル Ver.1.5
2019年8月28日(水)より発売開始となります。
どうぞ宜しくお願い致します。

それでは本日はこのあたりで失礼。
また次回。

企画:YUKI

アーカイブカードイラスト:MORUGA
© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ