マイナビ2020

Language
English

祝発売!ギガンティックアームズ07 ルシファーズウイングパーツレビュー

投稿:2019年06月20日
テーマ:作例・実演

企画のYUKIです。

本日よりギガンティックアームズ07 ルシファーズウイングが発売となりました。

早いお店では昨日より店頭に並んでいる場合もございます。
1年前より原型公開を行い、数度のイベントにて少しずつギミックを紹介してきた意欲作となります。

ベテラン設計士である弊社原型チームの芦沢が“泣きそうにもなりながらせっせと作りました”のでぜひとも手に取っていただきたいです。芦沢氏やメカデザインのF氏から発売記念にコメントをもらいましたのでぜひお読みくださいませ。

設計士:芦沢 勝よりコメント

という事で、冒頭でご紹介に預かりましたベテラン(年齢のみ)設計士の芦沢です。
ブログには久々の投稿となります。皆様、大変ご無沙汰しておりました。
 
YUKIの気合いの入ったレビューが待っているので、私の方は出来るだけサッパリとコメントさせていただきます。
 
YUKIのコメントにて『泣きそうになりながら』とございましたが、イヤイヤ…
泣きそうではなく実際泣いてました。3回くらい…
 
という程、このルシファーズウイングは私の15年の設計キャリアの中でも最大重量の製品でした。
間違いなく一番頑張ったと胸を張れる一品です。
その大きな理由は何と言っても『組み換え』です。
メインのウィングアーマー状態にハーピー、ユニコーン、そのそれぞれにヒューマノイドモードと
一体いくつの形態を再現させなければならないんだ、この子は!
 
しかも全てのモードを共通のフレームを使って行う訳です。ご想像いただけますでしょうか、この苦悩が…
あるモードを再現した際、どこか1箇所でも干渉や不具合があると、そこを直す。
するとどうでしょう、違うモードの際にこの修正が悪さをするんですね。で、また直すと今度は違うモードで不具合。
ずっとこのスパイラルです。もしかしたらもう2回くらい泣いてたかも知れません。
 
分かりやすい数字で表すと、通常の製品ですとパソコン上で1体組み上げるのに1日使うことはまず無いのですが
ルシファーズウィングに関しては、全モードを組み上げるのに3日以上費やしました。単純計算で3倍オーバーです。
 
ここまでの難産だったルシファーズウイングが無事テストショットになり、YUKIや公式ガバナーの糸山が
楽しそうにドえらいミキシングを行っている姿を見た時には、本当に頑張って良かったと思ったのをよく覚えています。
 
そして、昨年の静岡ホビーショーにて公式発表となった際、この製品に対する皆様のお声や反応を見た時6回目の泣きが入りました。
 
もちろん私だけでなくYUKIや糸山の他、開発チームの面々など全員野球で全力を注いだビッグアイテムですので
是非皆様にも存分に楽しんでいただければと思います。
 
以上、サッパリのつもりが思いの他こってりになってしまい申し訳ございませんでした。
 
芦沢
 

〇いつも無理ばっかり言ってごめんよ…ホビーショーでのユーザーさんの好意的な反応はとてもありがたかったです(YUKI)

 

ルシファーズウイング メカデザイン:F氏よりコメント

ルシファーズウイングをデザインさせていただきましたFです。

作業開始当初のコンセプトは、前回・前々回のギガンティックアームズには無かった要素の乗り物で構成しよう、というシンプルなものでした。

 

もちろん組み換えや、合体してFAやガール達が身にまとえる等の要素は盛り込みつつ、YUKI氏の「天使的な甲冑になる」と言うオーダーに応えるべく作業スタート。

 

しかしこれがなかなかモチーフ等決まらず作業難航。

飛行機的な要素はなんとなく決まり、であればもう一つはボートや潜水出来るような乗り物をモチーフにしようか?と悩みつつ、あーでもないこーでもないと日々悶絶した結果、気が付いたら「鳥」と「馬」になっていました。(笑)

 

ちなみに製品紹介の際に見られる、「使用者とのイメージ画像」がありますが、(パワードガーディアンなら轟雷、アームドブレイカーならバーゼ等)「今回はスティレットだな!」と言うYUKI氏との共通認識も今回はデザインに強く反映しております。

元々FA・FAガールではスティレットが一番自分の好みではあったのですが、FAガールのアニメが始まったらスチ子の扱いが良い意味でひどい(笑)

ならばスチ子が他のメンバーに負けないようなサポートメカを用意せねば!と思い立ち、「地上戦でも対応できるように… また飛べなくなっても心配ないように… アレも出来てコレも出来て… あ、人型に変形出来たらいいんじゃない?おっ?出来そう!ケンタウロス?イケる!」とヒートアップ。

かくしてシリーズで一番作業時間がかかり、自分の首を締めながらも大ボリュームの内容となり、 設計では芦沢氏に苦労をかけつつ、製品アピールでもYUKI氏に奮闘していただきながらやっとユーザーの皆様にお届けできる時がやってまいりました。

 

個人的にも思い入れが強いため長々と書いてしまいましたが、今まで以上に遊び続けられるアイテムになったと携わった者全員が自負しておりますので、時間を忘れて楽しんでいただけたら嬉しいですね。

是非ともルシファーズウイングよろしくお願い致します!

〇F氏もスティレット推しだったのだ…(YUKI)

 

というように制作陣も気合が入った「ルシファーズウイング」です。

YUKIからは商品のレビューを行いたいと思います。

おさらいとして通常のギミックについては過去のブログ記事もぜひご覧ください。

記事名をクリックするとジャンプします。

・第3のギガンティックコンビネーション『ルシファーズウイング』初公開よ!

・ギガンティックアームズ07 ルシファーズウイング ギミック解説

・ルシファーズウイング簡単作例「オーバーレイファルクス」

本日は基本の遊び方ではなく、応用編ということでパーツの使い方をご提案をさせていただければと考えております。
の前に…まずはパッケージからご覧ください。

FAガールの中でも大きな(分厚い)フレズヴェルク系との対比です。

デカイですね…今回は箱の強度を増すために上箱も段ボール地になっています。
重量は約2kg…心して臨んでください。

ご参考までに…ロード・インパルスとデモリッション・ブルートのパッケージを横に置いてみました。

ルシファーズウイングはハーピーとユニコーンがセットになった商品なのだから実質2体セットです。

基本的な関節軸は5mmφ径となっており、使い勝手の良いジョイントがたくさん詰まっております。

ヘキサギアのユーザー的にも要注目のジョイント類。塗装見本のご紹介の段階ではあまり内部フレームについて触れる機会がなかったので本日は色々とご紹介したいと思います。

ミキシングを行う際に感じていたのは3mm径のジョイントの充実度に比べて5mm径はギガンティックアームズとヘキサギアから導入されたということもあり、やや選択肢が少ないということです。

今回のルシファーズウイングではそういった需要に応える形でフレーム部にかなりこだわって制作しています。

腕や脚の基本フレームなどは特に使用頻度が高いかと思いますのでご活用いただけますと幸いです。

基本構成がパワードガーディアンやアームドブレイカーとは異なり人型のフォルムをしているので大型の人型メカを作るのは容易だと思います。

腕は腕、脚は脚という固定観念にとらわれずに自由に遊んでください。

可動範囲も必要十分。

アッセンブルマニュアルには載っていない組み換え案。ハーピー型の頭部をメインにしたFAガールを搭乗させていないシンプルな人型ロボ形態を作ってみました。
5月に開催したコトブキヤホビーショーアフターにて展示していた形態です。

各部の装甲も取り外して遊べますがそちらは記事の後半にてご紹介します。

プレイングベースとヘヴィウェポンユニット23 マギアブレードをお持ちなら、上の図のようにフェザーユニットを展開した状態もぜひお試しください。

フェザーユニットのクリアーブレードは引き出した後に少し角度をつけることができます。

次は各部の装甲について

YUKIの個人的なお気に入りパーツはこちら。


肩部大型アーマーの装甲板をばらして使うやり方をご紹介しましょう。
ディテールが入っていない裏側(コア側といいます)は3mmφ径穴や5mmφ径穴がありますので、そこに切り出した3mmランナーを取り付けます。

これによってエッジの効いたエクスアーマーが完成!フレームアームズやヘキサギアと組み合わせて遊べるようになります。

専用の装甲パーツが設定されていないコンバートボディに取り付けてみました。
頭部に使用しているのはヘキサギア ア-ランナーや、アームドブレイカーに付属したポニーテールパーツです。

頭部正面はルシファーズウイング ハーピー型の頭部装甲です。

そして少し時間をかけた作例もご紹介します。

作例名:カンタレラ
ルシファーズウイングと各種ヘキサギアをミキシングした機体です。


コンソールと操縦桿は先日ご予約が開始されたヘキサギア ブースターパック004〈マルチポッド〉を使用しています。


アッセンブルのコンセプトは頭部用パーツ以外で頭部を構築するということ。
頭部に使用したのはコンバートボディの大腿部関節、ジョイントセットC、ルシファーズウイングの装甲板など。既存の頭部ユニットを使わずにオリジナルの頭部を作ることができるというのもガバナー(ミキシング系モデラー)にとっては腕の見せどころではないかと思い挑戦してみました。

先ほどご紹介した肩部アーマーの装甲も各部の装甲として使用しています。

まだ武装などを用意していないので未完成状態(メガミデバイス バレットナイツ ランチャーの主砲がほしい)ですが、各パーツの使用例としてご紹介しました。機会があれば各ユニットの構成もご紹介できればと考えております。

如何でしたでしょうか。
工場の生産限界数に達するほどご予約段階でご好評をいただいたルシファーズウイング。
こちらはメーカー在庫全数出荷済みとなりますので、ご興味を持っていただいたモデラー諸氏はぜひお早目に!
最大ボリュームのギガンティックアームズということで価格もM.S.G史上最大級にギガンティックですが、手に取ってもらえれば商品のボリューム(約2kg)に対して“かなり満足感”を感じていただけるのではないかと…

 

☆おまけ作例☆

それでは本日はこの辺りで失礼。
また次回
企画:YUKI

■ルシファーズウイングメカデザイン:F ■設計:芦沢 勝
© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ