京都アニメーション様での事件について

Language
English

ロード・インパルス簡単作例集 バリエーションズ

投稿:2019年05月23日
テーマ:作例・実演

企画のYUKIです。

本日より『ロード・インパルス』『ガバナー エクスアーマータイプ:白麟角』ロールアウトです。

バラエティ豊かなキャラクターデザインで展開しているガバナーシリーズの中でも、シルエットが独特の白麟角。ついに14体目のガバナーとなります。(マスターブートレコードBOXやセット商品などのVer.含む)
のイメージを取り入れたキャラクターということで日本以外でもご好評をいただいているそうで嬉しい限り。

ヒロイックな見た目と刀を持っているキャラクター性はアーリーガバナー系とも違う魅力がありますね。

手首以外にはPVC製パーツを使用しないアーリーガバナーVol.1からのフォーマットとなり、足首はエクスパンダーなどの可動軸タイプを採用しています。

塗装済パーツは6種。

色分けも最多なので、素組状態でも見栄えが良い仕上がりになっています。

ヘキサグラムコネクタ以外にも腰の後ろに3mmφ径穴があるのでミニフライングべースでアクロバティックな戦闘ポーズでも遊ぶことができます。


肩や大腿部に取り付けた装甲は3mm径接続となっているので、別売りのM.S.G メカサプライエクスアーマーシリーズに変更して自由なカスタマイズが可能となります。(画像は肩部装甲の上下を変更しています。)

ぜひチャレンジしてみてください。

アートディレクター“可児 裕行”氏によるパッケージアート。
荷電式大型戦術刀『月光』を構え、紫電を走らせる構図。正面から見るといつものガバナーサイズパッケージなのですが…

箱の厚みがとんでもないことに…シリーズ標準のポーンA1、そしてこれまで最厚だったアーリーガバナー Vol.1と比べるとそのボリューム感が伝わるのではないでしょうか。

さて、ここからはロード・インパルスの簡単作例をご紹介します。
ロード・インパルスの機体名はレイブレード・インパルスのアーカイブカード解説テキストが初出となり、数々の商品解説でも触れられてきたリバティー・アライアンスの主力戦闘ヘキサギアでありながら、ようやくの発売となりました。

ヘキサギアは本来単体で完結するような兵器ではなく、さまざまな拡張や選択によってその機体特性を変えるものですが主力量産機だけあって多くのバリエーションが存在するだろうと考え「ハードポイント」も多く設定されています。
今回はそのバリエーション機体の中からいくつかをご紹介したいと思います。

バリエーションズ No.1 『code:サバイバー』
戦場で多くの戦闘を経験した古参のガバナーが使用。被弾が集中しがちな前足を守るためにリアクティブアーマーを装備したタイプである。装甲は関節部側面に集中しており、被弾による機動力低下を防ぐ目的がある。武装は標準装備に加え、機体後部にスモークディスチャージャー、ハウンドバイトにガバナー用のソードを咥えている。
装甲部はあり合わせである場合が多く、基本的には現地で手に入るものをパッチワークのように組み合わせて使用されることが多い。

【組み換え解説】メカサプライ09 エクスアーマーCを使ったカスタマイズです。ミリタリー好きに人気のエクスアーマーCは装甲部をコの字型ジョイントで連結することが可能。
高機動を損なわない程度に装甲を盛りました。ハウンドバイトに咥えたヘヴィウェポンユニット23 マギアブレードはハイテク系武装にしたくなかったのでソード部をシルバーで塗装。本来はガバナーが使用する対ヘキサギア用のソードという設定にしました。

コンバートボディのジョイントはディテールの方向性をヘキサギアに合わせるようべく、重機をイメージしたものなのでYUKIは“繋ぎ”のパーツとしてよく使用します。

 


バリエーションズ No.2 『code:セイバートゥース』
対デモリッション・ブルートを想定した格闘装備「トライデント」を使用。デモリッション・ブルートのバタリングラムを運動性で上回り、格闘戦、施設破壊において真価を発揮する。基本的には可動式のシンプルな大型ブレードであるが、先端ブレードは展開して三又状にすることも可能。トリックブレードは作業肢の代わりに「トライデント」に換装している。


【組み換え解説】ウェポンユニット11 トライデントスピアを使ったカスタマイズです。
構造は単純ですがトライデントスピアのカタールモード用フレームパーツを4つ使うのでお手軽とは言い辛いかもしれない…けれどこのフレームパーツが首の横のスラスターをうまく交わしてくれる形状なのでかっこよくできたと思います。(希少なレイブレードの代わりに登場回数が多くなりそう。)汎用性の高い格闘武器の候補として如何でしょうか。

 


バリエーションズ No.3 『code:サンダーボルト』

ウインドフォール用に開発されたエクシードプラズマキャノンを装備した砲撃戦仕様。
機体コンセプトがロード・インパルスとボルトレックスの融合とも言えるものであり運動性と火力の両面が高い水準でまとめられている。四肢先端は延長されプラズマタロンを4基使用するなど、量産から間もないウインドフォールのパーツをふんだんに使用しているため戦場への投入数は少ないと言われている。

【組み換え解説】ウインドフォール&ウェポンユニット43 エクスキャノンを使ったカスタマイズ。こちらはまだ発売前のパーツを使用したものですが、カスタマイズのプランとしてご参考になれば幸いです。足首になっているプラズマタロンはウインドフォールに付属するものなので再現するためにはウインドフォールが2機必要となりますのでご注意ください。

 

カスタマイズについてお話しましたので成型色についても少し触れたいと思います。

黒き獣と呼ばれるその外観から全体のトーンが暗いのですがこのブラックの色はアグニレイジの翼の色と同じです。
そして差し色に使われている赤と各部のクリアーパーツはレイブレード・インパルスと同じです。ライトグレーのロールバーなどはロード・インパルスの固有色となります。フレームはシリーズ共通のガンメタリックです。

ロードインパルスのパッケージアートはこちら!

箱の厚みはデモリッション・ブルートと同じです。作り応えがあってガバナー諸氏には喜んでもらえるのではないかと思います。

さらに組み換えパーツが欲しいというガバナーの皆さんはコトブキヤショップでの購入特典「トリックブレード延長パーツ」のキャンペーンも行っておりますのでぜひご活用ください。数には限りがありますので無くなり次第終了となります。予めご了承ください。
詳細はこちら!

いずれは「バリエーションズ」と銘打って機体ごとの派生機しばりでコンペなどもできたら面白いですね。

また次回。
企画/作例制作:YUKI

ロード・インパルスデザイン:MORUGA
パッケージアートイラストレーション:可児 裕行
© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ