フレームアームズ・ガール関連商品一覧ページ

Language
English

スタッフよりガバナーの皆様へ、ヘキサギア発売開始1周年を迎え【世界観編】

投稿:2018年08月30日
テーマ:お知らせ
 

文:桑村 祐一(壽屋商品設計・ヘキサギア世界観設定)

1周年おめでとうございます。
まだ1年しか過ぎていないのですね。
もうずっと長くやっている気がしています。
 
自分は原型畑の人間として商品原型・設計など関わる傍らで、
企画者YUKIに呼ばれてはこのシリーズの背景的世界観についての相談を受けていました。
 
 
 
これから自分たちが送り出すものが駆け抜けていく戦場の様相について、
 荒廃していく大地、放棄されたのち無人のまま再始動する工業都市、
 魅力も幻滅も備えた対立する2つの陣営、相争う2種類の人工知能、
 無数の小さな独立勢力や武装難民たち。
 各自で組み換えた機体を運用することが常態化していることや、
 そして、これから生まれてくる作品の一つ一つが主役であるのだから、
 わずか数人の英雄達が誰も手の届かない高みでなにもかも片づけてしまう世界には
 できるだけしたくないと。
 
そういったことを話していた記憶があります。
 
主役の要件とは兵士としての精強さや特別な装備、ましてや孤独や運命や生い立ちの不幸なんかに
支配されるものではないです。
 
そういう連中はいくらでもいる世界にしたつもりですし、
自分たちが扱う公式ストーリーの登場人物もありふれたそういう人々です。
 
ガバナーやヘキサギアが手元に現れた時点で、誰もが主役になりうる装備と境遇を得ています。
 
この世界で事前に保証されるのはここまでです。
 
その先の自分達の戦歴は自分達で創る物です。
それがヘキサギアシリーズが最初に打ち出したキーワード
 
『破壊も創造も、すべてお前が決めろ』
 
なのだと思っています。
 
 
いまはこの幸せな悪夢の戦場が、少しでも長く続いていくことを願っています。
(8月某日、全く進まない自分の機体を眺めながら)
 
 

文:YUKI(亀山 直幸/壽屋商品企画・ヘキサギアプロデューサー・世界観設定)

長いようで短く感じた1年。

企画の立ち上げから考えるとすでに5年近く経っているので自分の中では、あれ?まだ一年しか経ってないの?と思うことも多々あります。

 

先輩シリーズとなるフレームアームズ(9年目)M.S.G(21年目)の人気に一日でも早く追いつこうとバラエティに富んだラインナップを企画して参りました。まだまだ知名度では遠く及びませんが日々大きく成長しており

様々なクリエイターや社内スタッフの力を借りて当初の予定を大きく上回る実績が出せたことは企画の立ち上げを行った立場としても、一ユーザーとしても、とても嬉しく思います。

企画当初から構想を練っていた「ミッション」などユーザー参加型企画を初年度の段階から実装できたことはシリーズの初期から遊んでくれていたユーザーのみなさんのおかげです。

本日で掲載作品が182となりました。明日の正午12:00が最終締切なのでまだ伸びるかと思いますが。まずは

心より御礼申し上げます。本当にありがとうございます。

そして掲載まで時間がかかってしまい誠に申しわけありません。テキストもすべて読んでおります為非常に時間がかかるのです。いつも終了後にどんな機体を活躍させようか考えながら読ませていただいております。

作品が登場しても“戦争ですから破壊したり破壊されたりする”のでその点はご了承願います。

 

私個人の感想と致しましては原作の無いオリジナルのロボットものを展開するにあたっての活躍想像図、設定やエピソードなどのテキスト作業とはこんなに大変な物なのか…と感じています。プロモーション映像の制作を始めるにあたり、当初のんびりやろうと考えていた世界観設定を即座にまとめる必要があり、とにかく必死に物語を考えていました。

戦う理由。これだけはしっかりと考えたい。私の中ではLAが善でVFが悪という風には考えていません。互いに生死の価値観を守るために戦っている。どちらにも正義があるのです。これは今でも変わっていません。

この辺りのお話はまた別の機会でお話しするかもしれません。

トークイベント内で映像ディレクターに電話帳の様な設定資料と表現されたのは誇張気味ですが普段の機体解説文からどのような物だったのか想像できるかもしれません。

 

 

文章も未熟ですし万人受けしないのは自覚しております(笑)それでも「これが好き」だと言ってくれているガバナー達に向けて今後も純度の高いものを目指して書き続け、それが皆様の妄想の糧となれば嬉しいです。

 

プロのクリエイター達に交じって平凡な私が“もがきながら”作り出したこの世界のことをある海外のディストリビューターさんがとても良い言葉で表現してくださいました。

 

「Unlimited Universe」

 

アンリミテッドユニバース。終わりのない世界とでも言うのでしょうか。

荒廃した大地の中で戦い続けるガバナーとヘキサギア。基本のスタイルはありながらもユーザーの数だけ世界が存在する。いつまでも遊んでいられる世界。

そのように思って頂けたのならこれ以上に嬉しいことはないと思います。

 

今後も長く遊び続けてもらえるように「予想を裏切りながらも期待を裏切らない」を方針に展開を続けていきたいと思います。

 

願わくば5年10年と続く長寿シリーズとして本シリーズを育て、コトブキヤと言えば「ヘキサギア」と覚えてもらえるように育てていきたいと思います。

商品ラインナップもゾアテックスや第二世代型だけで終わるつもりはありません。

2年目もどうぞ応援宜しくお願い致します。

 

長文お読みいただき誠にありがとうございました。

 

© KOTOBUKIYA

 
 
NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ