バナー:フレームアームズ・ガール
Language
English

6月18日スケアクロウ発売! マニュアル掲載作例『バニティレックス』紹介です。

投稿:2018年06月18日
テーマ:お知らせ

皆さんこんにちは。
プラモデルの企画や設計担当兼、見習いガバナーの「ばーちー」です。

本日は2018年6月18日(月)より順次発売となります新作ヘキサギア
『スケアクロウ』のアッセンブルマニュアルに掲載されている組み換え作例をご紹介いたします。

※入荷日はコトブキヤショップでの発売日となっています。入荷スケジュールはお取扱い店によって異なります。

昨年末のヘキサギアブログでの【モーターパニッシャーMK-Ⅱ】に続き、
今回も商品作例ということで『スケアクロウ』のみを使って構築する、というルールのもとガラッと見た目が変わる組み換え作例を作ってみました☆
【モーターパニッシャーMK-Ⅱ】のブログはこちらからどうぞ↓
https://www.kotobukiya.co.jp/hexa-gear-gg/hexa-gear-gg-134700/

 

機体名【バニティレックス』   学術名:ばーちーざうるす

軽量でシンプルな構造から歩行メカ、作業機的なイメージをもつ本来の外観から、
恐竜モチーフとなり、ボルトレックスやレイブレードと並ぶ中型~大型のヘキサギア
・・・にも見えるような外観になりましたね。
ここまで外観が変わっても、安心してください、みなさん!
商品のランナーの一部を切り取って接続ジョイントにするなどのワンポイントのみですので元のスケアクロウにも戻せますし、誰でも再現可能な作例となっています。
あ、もちろん余剰パーツもなしですよ☆

 

それではさっそく組み替えレビューにいってみましょう。
まずは頭部から。
■頭部

頭部には本来脚部で使用していたパーツを多く使用しています。
図のようにD:5、D:3に、D:12、D:14パーツをくみつけることで
D:14ギザギザが「顎」に、D:5のシリンダーの隙間が「目」に見えてきますよね。
鼻上や後部のフィンで竜のトサカのように見せているのがポイントです☆

■腕部本来の腕部の先端形状をより力強い外観にするために、図のように『スケアクロウ』の
ABS樹脂ランナーの角部分を接続軸として使用し、B:10パーツを取り付けています。
ほら、B:10の二股に分かれた部分がだんだん強そうな「爪」にみえてくるでしょう?

■脚部

ヘッドユニットのパーツを太腿部分として使用し、武器の接続には図のように
ABS樹脂ランナーの直線部分を3mm接続軸として使用し武器を接続しています。

■胴体01

今回はランナーが活躍しっぱなしですね!
ということで、図のようなT字箇所のABS樹脂ランナー1つを使用することで、
2つのパーツの接続のみならず、頭部パーツの接続軸も設けているのがポイントです☆

■胴体02

胴体はシート本来部分に位置するパーツに脚部のパーツを図のように組み付けています。
ここでもランナーのT字部分を接続に使用しています。
3mmのランナーって、ヘキサギアやFA、M.S.Gなど
コトブキヤプラモデルの改造にほんと便利なんですよね!!

え?!
いやいや、決して『スケアクロウ』が小型でパーツ数が少ないからランナー使うしかないじゃん!!
縛りルール、ムズーッ!!
なんて思ったわけじゃあ、ないんだぜ?

■腰部

アッセンブルマニュアル5ページの【10】の腰部パーツに
図のように脚部や尻尾を接続するジョイントパーツを組み付けています。

■尻尾

 

尻尾部分には主にCランナーのパーツをベースに他箇所のように、
各種ジョイントパーツやランナーの直線部分を使用して、ある程度可動可能な尻尾となるように組み立てています。

■各部組み付け

さて、完成までもう少し!
胴体01、胴体02、腰部、尻尾の工程で作成したパーツを図のように組み付けていきましょう。

上図で組んだ胴体部分に図のように頭部や腕部、脚部を組み付けていよいよ完成です!
この最後に各部を組み上げるときって、ロボットものの合体シーンを再現しているみたいで
すごいテンションあがりますよね??

 

それでは、改めて完成した『バニティレックス』

頭部のトサカや竜の蹄、ヒレのついた尻尾がより恐竜を彷彿とさせますね。
続いて、ガバナーを搭乗させてアクションポーズ

 

以下、脳内設定~

 

消耗戦により疲弊したスケアクロウ部隊の戦場に夜間、突如現れた恐竜型ヘキサギア。
少なからず消耗している敵部隊は増援の可能性を恐れ、あと1歩のところで渋々撤退を決断する
“それ“は、スケアクロウの予備パーツを本来とは異なるアセンブルで設計したスケアクロウ同一の機体であった。
敵を欺く『見栄・虚栄=vanity』奇策を活かした、まさに『スケアクロウ=かかし』ならではの戦法だったといえる。

 

みたいな感じでオリジナル作品をつくったら自分なりの設定をつけて、
そして設定が膨らむとまた別の改造案が浮かんでくる(繰り返し)

といった感じで、1つのキットでもかーーなり遊びつくせるのがヘキサギア。
そして、このブログを見てくれているみなさんはもっとすごい作品を思いつくはず!
ヘキサギア公式サイトでは、そんな皆さんの作例が投稿できるシステムが導入されています!!
あなたの考えた作品がもしかしたらヘキサギアの世界に登場しちゃうかも??
・・・
これ、本当なんです!
詳しくは作品投稿システムを説明した過去のブログや公式サイトの投稿ページにてご確認ください。

■ブログ:ユーザー作品投稿システムについて
https://www.kotobukiya.co.jp/hexa-gear-gg/hexa-gear-gg-145265/
■ヘキサギア公式サイト  フリービルドページ
https://hexa-gear.com/free_build/
■ヘキサギア公式サイト ミッションページ
https://hexa-gear.com/mission/mission-01/

ということで、いよいよ発売となる『スケアクロウ』の作例をご紹介いたしました。
既存のヘキサギアとはまた違ったデザインのヘキサギアとなり、さらにカスタム性が広がる事間違いナシです。
ぜひご購入して楽しんでいただき、どんどん組み換えてオリジナル作品ができたら、公式HPの作品投稿システムに投稿してみてはいかがでしょうか??

みなさんの作品、お待ちしております!

それでは、本日はこの辺で。
よい組み換えライフを~。

 

 

企画:ばーちー
© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ