Language
English

ヘキサギア×フレームアームズ作例「ロストナンバーFA:HEX」

投稿:2017年11月17日
テーマ:作例・実演

みなさまこんばんは企画のYUKIです。

本日は今まであまりやってこなかったフレームアームズとのミキシング作例をご紹介致します。

先日発売になりましたメカサプライ エクスアーマーのアペンドフレームを使うことで大幅に自由度が高くなりましたね。作例でも肩幅や股関節幅を大幅に広げて輝鎚のようなどっしりとした体型を簡単に作ることができました。

【ロストナンバーFA: HEX】
機体中心部にフレームアーキテクトを使用しているものの、その構成パーツの殆どが出所不明となっているフレームアームズ。防衛機構はおろか月陣営での製造記録も存在せず厳密にそのマシンがフレームアームズであると明言することは不可能な為、ロストナンバーシリーズと呼称されている。機体各部に不明な動力源を多数搭載しておりそれらは未だ解明はされていない。(妄想設定)

今回の作例は機体の中心にフレームアーキテクトを使用致しましたので妄想設定はFA世界観でのものと致します。

アペンドフレームとフレームアーキテクトを使用することによって、体型の変化が容易になりました。

が気に入ったシルエットになるまであらゆるパーツを惜しみなく投入。ランナーを切り出した3mmジョイントやランナーのカドの曲がったところまでジョイントとして使用しています。

使用している商品は
ヘキサギアシリーズ
■ボルトレックス ■ハイドストーム ■ブロックバスター ■モーター・パニッシャー
■レイブレード・インパルス ■ブースターパック001 ■EXユニット001

フレームアームズ
■フレームアーキテクト

M.S.G
■エクスアーマー ■ジョイントセットC
とまあ、たくさん使用しております。制作時間は約6時間

(パーツは試遊会で使用したパーツボックスから使っているので半組立て済み)

ブロックバスターのブースターやモーター・パニッシャーのシザースなどの大きなユニットで構成されている箇所は分かりやすいと思いますが、外装で覆われている箇所は非常に複雑化しているので、こちらは後日画像を交えながら解説をさせて頂きたいと思います。

脚部構造自体はジョイントセットCでご紹介した構造のとほぼ同じです。
簡単ですがパーツの選択肢が増えるカスタマイズプランなのでぜひご検討ください。

いかがでしたでしょうか?

ツイッターなどでは凄腕のガバナーが続々と登場しているので
負けていられないということで発売前のパーツまで使いまくる暴挙に出ましたが、参考になれば幸いです。

次回は各ユニットの構造解説をお届け致しますので今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。

それでは本日はこのあたりで失礼。
また次回。

企画:YUKI
© KOTOBUKIYA

 

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ