Language
English

第二世代 二足歩行人型重ヘキサギア『バルクアームα』原型公開です!

投稿:2017年07月30日
テーマ:商品情報

皆様おはようございます企画のYUKIです。
ワンダーフェスティバル2017夏ついに開催でございます。

コトブキヤブースではヘキサギアの試遊会(今回は開場から閉場までやっております)をメインに新作など多数展示を行っております。ぜひとも遊びにご来場くださいませ。

今回の展示品の中からメインでご紹介したいアイテムはこちら!

ネクストヘキサギア(仮)として発表されていた2足歩行人型ヘキサギア。

機体名:バルクアームα(アルパ)
ゾアテックス開発前に主流だった人型二足歩行兵器。多くのバリエーションを生み出し全世界に普及、史上最も長く使用されたシリーズである。堅牢な装甲と殴る為の拳、戦車砲を直接腕につけたような外観を持つ、多目的戦車の発展型の一つと考えられている。元は作業用重機として開発されたヘキサギアであったが、戦闘目的に開発された本機体は、その多くのバリエーションの元となるαの名を与えられた機体である。

背部に戦車砲のドッキングハンガーを有し、非戦闘時には戦車砲後方部を外して懸架する。
このユニットは砲撃時に機体と戦車砲を支える役割も持つ。

砲撃時には脚部アンカーが下りて地面に食い込み機体を支える。

戦車砲はユニット分解が可能となっており、弾倉を外すと弾薬の造形もされています。
もちろん各部のユニットはブロックの様にさらに分解が可能です。

ガバナーの搭乗時にはコックピットシェルが上方に展開しメインカメラ部は前方に倒れる。

コックピット内装は簡素ではあるが、周囲が堅牢な装甲で覆われている。前方のメインカメラで見た物がコンソールのモニター上に映し出される。腹部に搭載されたセンサーは上下・左右に回転して周囲の情報を得る。制御システムはKARMAではなく第二世代用の制御OSが搭載されている。

ドッキングハンガーを取り外すとコックピットシェルはこの状態まで跳ね上がります。

ガバナーが搭乗すると、このようにしっかりと座ることが可能。
操縦レバーとフットペダルは可動するので触っていて楽しいです。

敵機を殴る為に開発された拳は強度重視の設計となっており、指の関節は簡略化され器用さはない。その為、汎用のウェポンユニットを使用する際には内蔵されている簡易型マニュピレーターを使って使用する。
※商品では指を開いた状態にして簡易型マニュピレーターを取り付けます。

如何でしたでしょうか?
この機体を待っていた!という方も多いと思いますが、商品の発売はまだもう少し先となります。

まずは8月に発売となります第一弾のシリーズでヘキサギアという商品の予習していただければ幸いです。

ワンフェス会場では現物をご覧いただけますので是非ともコトブキヤブースへお立ち寄りください。

まだご紹介したい機体がありますが、長くなる為、
ここで一度締めたいと思います。

それではまた次回。

企画:YUKI
© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ