Language
English

FA×ヘキサギア作例 ゾアテックスフレームアームズ「ブルーウインド」

投稿:2019年02月26日
テーマ:作例・工作

企画のYUKIです。

本日はヘキサギアの新製品「ウインドフォール」がご予約開始になったのですが、既にテストショットが手に入っていたので早速フレームアームズとのミキシングを行ってみました。

機体名:ゾアテックスフレームアームズ:ブルーウインド

オーバーレイファルクス(過去のブログ記事参照)が異世界に降り立ち、最初に遭遇した脅威。ゾアテックスと呼ばれる“獣性”なる戦闘用プログラムを持つ無人人型兵器である。外観上はフレームアームズであるが本機からはコックピットが撤廃されており、パイロットを必要としない。それどころか搭載されたAIが自己保存を最上位目的に設定し自機の拡張を続けており、人間を破壊目標として認識している。(妄想設定)

フレームアームズともヘキサギアとも異なる世界観での妄想設定を考えてみました。

モデルはいつもM.S.G使用例の撮影に使用しているスティレット(M.S.Gカラー塗装)です。スティレットはフレームアームズ第一弾商品ながら未だ高い人気を誇るのですが、このスティレットはM.S.Gを持たせるために敢えて無彩色に塗装したものでとても気に入っています。ヘヴィウェポンユニットも航空機系のユニットは殆どの商品がスティレットに使用することを前提にしているので登場回数が非常に多いですね。

シルエットをさらにヒロイックにするために背中に背負うスタイルではなく肩部にエアマニューバスラスターを増設。斜め下方向に延びるスタビライザーがお気に入り。

ウインドフォールの武装は手持ち式にできるように各部にハードポイントが設定されているのでFAにも相性が良いかと思いますよ。

脹脛の側面に装着したスラスターは4月発売予定のメカサプライ14 ベクタードスラスターに付属のノズルパーツ。

スティレットのメインブースターである「セイレーンmk.II」が偏向ノズルタイプだったので合わせました。

ユニット解説です。本体部に使用するのは大まかに3つのユニットです。

肩部、足首、脹脛側面を比較的シンプルな構造にて組み換えて接続しています。

使用するパーツは画像を参考にしてください。

武装の解説です。グリップ部を構成しているトライデントスピアのパーツは似たような機能を持ったパーツなら代用が可能です。

同じ航空機型メカということでシリーズを超えてのミキシングをご覧いただきました。

ウインドフォール自体のランナー構成などはヘキサギアのブログをご覧ください。

 

それでは本日はこの辺りで失礼。

また次回。

 

企画:YUKI

© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ