バナー:フレームアームズ・ガール
Language
English

海のフレームアームズ「金剛」登場!

投稿:2018年07月05日
テーマ:製品情報

こんにちは、げんすいです。

待望の完全新規造形フレームアームズ、いよいよ登場です!

 

フレームアームズ「金剛」

バーゼラルド・ゼルフィカール以来6年ぶりの柳瀬敬之氏による完全新規デザイン。

陸の轟雷、空のスティレット、宇宙のバーゼラルドに続く海のフレームアームズが登場です。

 

最大の特徴は艦艇型への変形。フォルムの移行は完全変形になります。

昨年の初公開時から予想されていた方もいらっしゃったのではないでしょうか?

※甲板にあたる部分、およびビームバズーカの肩部へのマウントは差し替えになります。

 

人型形態時には腰部と太腿部に別れて付いていたパネルが艦艇型ではフレキシブルに可動するアームとロック機構によりツライチで繋がります。

ビームバズーカは下部に3mm径穴があり、接続軸を取り付けて肩のパーツを外すと取り付けることが可能です。

この状態だと両手が空くので他に武装を追加するのも手です。

また船首部左右にある錨も3mm径軸接続になっています。

 

付属武装の「ビームバズーカ」。

グリップ可動軸があり脇に抱えた状態でも難なく持たせることが出来ます。

また画像の通りのパーツ構成になっており、左手用に組み替えることも可能です。

 

艦艇型で甲板にあたる部分には「単装速射砲」、「機関砲」が付属。

単装速射砲は仰角を広く取ることができ、さらに3mm径軸を備えており他の箇所への移設も容易です。

また前腕部への装着部は専用軸を介していますが、3mm径軸穴が2箇所空いていますのでこちらも要注目です。

 

パネルを外した状態で側面上方より。

本体には背部・腰部それぞれの上面の円形モールドに3mm径ポリキャップがあるので、このハードポイントに単装速射砲を設置するのもアリかと思います!

 

また全身にフレームアーキテクトTYPE-001を使用、首・肘関節こそ新規ですがその他はほぼ使用しております。

肘関節も上腕側・前腕側とも3mm径軸接続です。

こちらはまた改めてテストショットが届きましたらご紹介します。

 

独自構造となる首はボールジョイントの他頭部後部に可動軸を持ち、仰角を大きく取ることが可能です。

また頭部バイザーは製品版でもクリアーグリーン成型になります。

 

ということでフレームアームズ最新作「金剛」

本日よりご予約開始、発売は2018年11月の予定です。

玄武に続く今年2体目の完全新規造形、そして待望の海上新戦力FAを是非お手元に!m(_ _)m

 

 

(´・*・)げんすい

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ