マイナビ2020

Language
English

ARTFX PREMIER解説!第2回はソーの塗装は層と言っても過言ではないのだ!

投稿:2019年04月30日
テーマ:アメコミ

新シリーズ、ARTFX PREMIER(アートエフエックス プレミア)の魅力を紹介するブログの第2回です。

前回のブログでは、魅力ある深みのある塗装を実現する「層」の塗装には、既存の工程以上の手間暇がかけられていることをご説明しました。

今回はなんと、それをさらに複雑にした塗装部位をご紹介します。

 

③ソーの「層」の塗装による金属表現

雷神ソーのお馴染みである腿の甲冑。

弊社の従来商品を含め、今まで発売されたほとんどのソーのフィギュアはシルバーを吹き付け表現していると思います。

 

写真をご覧いただくとお分かりのように、「ARTFX PREMIER ソー オーディンサン」でもシルバーにダークシルバーのシャドーを使って塗装しています。

 

しかし。実はここに仕掛けがあります。

 

神々の金属(アスガルドメタル)は我々の地球上では確認することは叶いませんが、実際に存在したならば・・・?

そこで、彼らの崇高な武具を最も美しく表現する為に、このシルバーの下に、複数の金属色の粒子を吹き重ねているのです。こちらも一見、自然光下ではシルバーに見えますが、コレクションケース等にあるライトでスポットを充てるとこのように複数の金属粒子の輝きがご覧頂けます。

 

判りやすいようにフォーカスアップにしてみましょう。

 

この塗装工程を費やすことで、さらに素材の質感と輝きを追求する事が出来ました。

あたかもビフレストの輝きかとみまごうその七色の輝きを再現すべく鋭意開発がすすめられています。

 

 

④ソーの「層」の塗装による自然構造物 表現

「層」の表現は、本体だけには留まりません。

この「フレッシュスタート:アベンジャーズ」ラインナップの共通のモチーフとなっている大理石をイメージしたベース(台座)も手抜きは一切ありません。

 

(↑ソーの台座  ↓キャップの台座)

 

こちらも、より人工物感のない自然物に見えるように、黒地から白の美しい発色を得るまで中間層の色を織り交ぜながら幾度も塗装を吹き重ねています。

モチーフや制約上、淡泊になりがちなベースも、限界を取っ払い本物を追求した本体に負けない仕上がりになっております。

 

今回は塗装について、より詳しくご紹介いたしました。

次回は「ARTFX PREMIER キャプテン・アメリカ」をメインとして、そのリアルな「顔」の魅力をご紹介していきます。

お楽しみに!

 

今回ご紹介した商品はこちら!

ARTFX PREMIER ソー オーディンサン

 

ARTFX PREMIER特設ページはこちら!

© 2019 MARVEL

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ