Loading...

ロゴマーク

『ルミティア』発売記念!製品素組みレビューします!

メリークリスマス!こんにちは!アルカナディア広報担当です!

今日は【クリスマス・イブ】ですね!皆さんはいかがお過ごしでしょうか…!
…さ~て、プラモデルでも作りましょうかね…。

12月22日(水)、ついに【アルカナディア】第一弾『ルミティア』が発売となりました!

大変ご好評をいただいており、なかなか手に入りづらい状況となっておりまして申し訳ございません…。
2022年1月には再生産の案内も決定しておりますので、今回手に入らなかった皆様、ぜひ次の機会もお願いいたします!

 

ということで、そんな【2022年1月】に再生産案内も決定しているルミティアですが、届いてそのまま「積んでしまっている人」や、まずは「様子見しようと思っている人」もいるのではないでしょうか!

 

この記事はそんな方におすすめな

  • 『ルミティア』のここがすごい!ポイント
  • 『ルミティア』の組み立てでのここが注意!ポイント

をご紹介していきたいと思います。

 

随所に『ゆるみてぃあ』ちゃんが登場しますので、目を留めて注目のポイント見ていってくださいね!

 

ばーちーPの熱いバトンタッチを受けましたので頑張ってブログ書いていきたいと思います!

⬇それではどうぞ!⬇

 

 

ページ内メニューはこちらから!

 

まずはノーマルモードから!

開封!

前回のブログ『ついにお披露目!ルミティア製品パッケージ』の公開後、「第一弾からこの箱の厚さか…!」と多くの方々にSNSで反響を頂いておりました!

ルミティアは1パッケージで素体状態の「ノーマルモード」と武装状態の「ウィライズモード」が組み換えで組み立てられるキットです。
特に「ウィライズモード」では翼が大きくなったり、足回りのアーマーが増えたりとシルエットもガラッと変わるので、このパーツ量は納得のボリューム!見ただけで組み応え抜群さがわかりますね!

 

頭部パーツ

こちらは髪の毛パーツのランナーです。
むむ…。これは…!

短髪のキャラクターなのに、めっちゃパーツ分けが細かいじゃん!!!
それもそのはず… 見てくださいこの後ろ髪パーツを!

この立体感を再現するためになんと【8パーツ】(基部パーツを除く)も使われているなんて…。
設計者さんのガチ本気が見えてきますね…!

鋭く尖ったパーツがいっぱいありますので指刺さりには注意です!

 

そして私が皆さんにすごく良さを伝えたかった箇所!

それが耳です!

見てください!このパーツ分割!
左右一つずつになってしまうと極小パーツになってしまいがちですが、なんと一体型!
耳をカスタムしたい方にもこれはありがたかったりするのではないでしょうか!

作例、お待ちしております!

 

そして忘れてはいけないのが、フェイスパーツですよね!

なんとルミティアには表情パーツが4つも付いているんです!
アップで一枚!

いかがでしょうか!このタンポ印刷の瞳の細やかさ!
ルミティアのキャライラストを描いて頂いたnecömiさんの瞳のイメージをそのままにプラモデルへ落とし込んでいます!

ある社内の開発担当さんの言葉をお借りしますと…

「瞳の中に宇宙がありますね…」

 

やばい!頭部だけで語りすぎてしまいました。次です!次!

 

胴体パーツ

気になる胴体周りもパーツ分解図をドンっ!
股関節周りの金色白色部分塗装済みパーツになっているので、素組みだけでもディテールがぐっと上がるのが良いポイントですよね!金色の質感も高級感があってすごくいいです!

注目のスカート部分も前側の4パーツになんと可動が入っているのです!(詳しくはウィライズモードのときに解説します!)

そしてこだわりポイントとして上げたいのがコチラ!!

もう一つの塗装済みパーツがこの襟元のリボン!
すごく細やかな部分で色分け塗装をしようとすると、ちょっと構えてしまうサイズ感…

でも大丈夫!工場の工員さんがきれいな塗り分けで仕上げてくれておりますので、私みたいな「素組み人」も安心できますよ!

 

脚パーツ

過去のアルカナディア生配信でもご紹介しておりました、

【アルカナディア】初の膝関節機構についてご紹介!

太ももの前側のパーツを外して内部構造をわかりやすくご紹介します!
上の2番目の画像が膝関節に使われているパーツです。脚を伸ばしたときの脚線美を持たせつつ、脚を曲げるときは関節パーツ引き出すことによって可動範囲が拡大するんです!

このような感じで脚を曲げるときに、軸を引き出すのでクリアランスが生まれていますね!

 

そして足先もすごいんです!

イラストの立ち姿そのままに再現するため、先端の金色や靴底の黒色を色分けが入っていて、足先だけでもこのパーツ数!

 

脚の取り付け時に注意点です!

腰回りのパーツは非常にデリケート&股関節の渋みが結構硬いので、組み付け時のパーツ破損に注意が必要です!
スカートパーツのなるべく根元の方を押さえて、股関節の軸受をぐっと斜め上に押し込む感じで取り付けると自分はやりやすかったですよ!

※この方法で確実というわけではないので、ご自分のやりやすい方法でもお試しください。

 

みなさんもお間違えの無いように…

上の画像お気づきでしたでしょうか…。そうなんです!

太ももの金のリング忘れたーーーーー!!!!!!

皆さんもお忘れなく!

 

 

エンゲージリングパーツ

アルカナディアを語る上でこのパーツは外せないでしょう!

そう!【エンゲージリングパーツ】です!

このパーツは固定するためのピンなどがついていないので、ちょっとした工夫で固定すると楽しくなります!

リングの裏にこのような凹があるのですが…ここに練り消しなどをつけて頭に乗せると安定します!是非試してみてくださいね!

※長期間そのままにするとパーツ破損につながる可能性がありますので、ご注意ください。

 

 

展示ベースパーツ

アルカナディアシリーズのプラモデルには、なんと専用の展示ベースが付属いたします!
アームの根本は円柱型ボールジョイント型から選択できるので、お好みによって使い分けが可能!ちょっと嬉しくなっちゃうポイントですね!

こちら、上の3枚の画像… おわかりいただけただろうか…

なんとアルカナディアシリーズに登場する【天族】 【魔族】 【幻獣族】のそれぞれのモチーフがデザインされているんです!

さらにさらに、この展示ベース。アルカナディアプロデューサーのばーちーP自らCADで作成したという裏話もございます…。なんでもできてしまうんですね…すごすぎ!

 

そして…!

ノーマルモード完成!

 

ちょっと動かして遊んで見ましょう!

キリッとしたお顔でポージングするのも楽しいですが、この「ふにゃっとした笑顔パーツ」が最高に可愛くてたまらないですよね!

 

ウィライズモードにしてみよう!

さてお次はアルカナディアシリーズの真骨頂!「ウィライズモード」についてご紹介していきます!
まずはコチラをドンっ!!!

ウィライズモードにするときのパーツ一覧を並べてみました!
これだけパーツ数があるので、ウィライズモードに変身させるとイメージもガラッと変わります!

 

脚部アーマパーツ

(な、並べるの大変だった…!😅)
この色分けを!是非!皆さんに見ていただきたい!そして組んで体感してほしい!

組んで分かるここの凄さ!「そこまで色分けするの?」と思ってしまったがのが上の2箇所。

 

翼パーツ

皆さんお待ちかね! ルミティアで一番気になる人が多いのがこのパーツ、【翼】でしょう!

もうランナーから勝手に飛び立って行きそうな立体感と躍動感を感じちゃいますね!

パーツ数は、接続部分の基部を除いて8パーツ。ちょっと少ないかとも、と思いますが可動がすごいんです…!コレはぜひお手にとって体感していただきたいポイントです!

 

そして、いよいよ…!

 

変身!!!!!!!!!!!!!!!

爆誕!!ルミティア!ウィライズモード!!!

 

ノーマルモードの美しい曲線美から打って変わっての、迫力のある重厚感を感じられると思います!

 

気になる脚の可動周りですが、スカート部分前側の4パーツが可動式になているので、脚の可動域もこのようにしっかり確保されています!

アクションポーズも思いのままですね!

 

ちょっと遊んでみよう!

翼が付いたことでグッと奥行き感が出ます!
写真を撮っていて思ったのが、どこから撮ってもルミティアは写真映えするので、完成したら是非寄りで写真をとってみましょう!その楽しさがきっとわかりますよ!

 

次回予告

ばーちPから熱いバトンタッチを受けて、ここまでブログを書いてきましたが、この流れで次の担当に熱いバトンタッチをせねばならない…!

ということで次回予告です!

次回はなんと「ルミティア」を使った組み換え作例を、コトブキヤ社内の【あの方】に紹介していただきます!

コトブキヤ社内、組み換えの鬼才おもしろ作例と言ったらあの人!
どんな作例が飛び出すか、今から私もすっごく楽しみです!

1月中旬頃更新予定ですので、公開を是非お見逃し無く!

 

それでは、長々とお付き合いありがとうございました!

また次回お会いいたしましましょう!
それでは~~👋

© KOTOBUKIYA

 

SHARE

RELATED PRODUCT

ルミティア