MENU
メガミデバイスブログ

ヘキサギアを纏うという提案


ヘキサギアシリーズプロデューサーのYUKIです。
本日はメガミデバイスにヘキサギアを纏わせるという遊びの提案をするために出張してきました。
今月メーカー受注締め切りとなるヘキサギア「ジーク・スプリンガー」との組み合わせをご紹介したいと思います。

以前ヘキサギアのブログで

このようなことを書きました。

で、Twitterでこのようなことを書きました。

想像していたよりも多くのユーザーさんからの反応があったのでびっくりしています。
5mmφというのは各シリーズでよく使用されているので色んな遊び方ができます。
サンプルを使って色々試して取り付けの確認はしておりますが
敢えてこのシリーズのこの商品が取り付けられますよとは言わずにぼかしつつ……

とりあえずこれを見てください。

ジーク・スプリンガーを通常通り組み立てるには使用しないパーツ

うわー便利そうなパーツですね(棒読み)

予定にはありませんでしたが急遽金型に追加することにしました。

※ボールジョイントの径はメガミデバイスの標準規格に合わせていますがすべての商品に対応することを保証するものではありません。キャラクターによって異なる場合がございますのであらかじめご了承ください。

これで遊び方がかなり変わってくるじゃん?色々カッコイイカスタムしたいでしょ?
メガミデバイスのファンにはお馴染みの「まさとし」氏にボールジョイントの規格などを教えてもらって設計したパーツになります。
ちなみにですが組み立て時には選択式になります。5.0mmφに戻す時にはヘキサギア パーツリムーバーを使うと良いでしょう。

さて、実際に取り付けてみるとどんな風に仕上がるのかもご覧いただきましょう。

使用例は「朱羅 玉藻ノ前」

コトブキヤ立川本店に飾っていた素組サンプルを借りてきてサクッと取り付けたものです。
特に目立ったカスタムもせずユニット単位で移植した程度。
(借りものなので撮影したら返却するのだ)

黒の装甲色が似ているというのが玉藻ノ前を選んだ理由。

玉藻ノ前にはケモミミがあるのでジーク・スプリンガーと相性が良いと感じました。険しい表情と口を覆うマスクもまたヘキサギアの世界観にマッチしているのではないでしょうか。

ちょっとしたパーツがシリーズ間をつなぐ重要なパーツになるので今後もこのような連動は企画していきたいなと考えています。いやージーク・スプリンガーの評判上がっちゃうな。

玉藻ノ前との取り付け部分はこのようになっています。

玉藻ノ前はプランAで制作しています。

画像に記載しているように3mm軸の部分を切り取ると汎用性は高まりますがジーク・スプリンガーの装甲部は取り付けできなくなります。不可逆なカスタムになりますので切り取る場合は自己責任でお願い致します。

発売後にモンスター娘的なメガミデバイスを作りたいユーザーさんはどうぞメーカー受注の締め切り前にご予約をオススメ致します。
ジーク・スプリンガーのメーカー受注締め切りは11/24です。

ヘキサギアの公式ブログにももう一点使用例をご紹介中こちらもお見逃しなく!使用キットはなんと皇巫(オウブ)スサノヲです。

それでは本日はこのあたりで失礼。
また次回。
企画:YUKI
© KOTOBUKIYA © KOTOBUKIYA ©Masaki Apsy ©Toriwo Toriyama