MENU
メガミデバイスブログ

皇巫 スサノヲご予約受付開始!


メガミマスターの皆様こんにちは!

お待たせいたしました。“皇巫(オウブ)スサノヲ”のご予約受付を開始いたしました!

“皇巫 スサノヲ”の製品情報はコチラ!

                                                                 

まず今作の特徴としてメカ腕、メカ脚の武装はフレーム構造としました。
Accel Unleashed Vanguard (AUV)フレームと名付けた骨格は比較的少ないパーツでスマートに自立させて遊ぶことができます。これに様々なアーマーパーツを取り付けていきます。

またこの構造により各関節の保持力は担保されますので、可動部の遊びやすさはAUVフレームに任せて周りに取り付けるアーマーをスクラッチしたり、他キットから流用したりと手軽に楽しめるのではないかと考えています。
メガミカスタムワークス(アマチュアによる二次創作ガレージキット)でもオリジナルアーマーを作って遊んでもらえたらとの思いも込めました。

                                                                 

AUVフレームに全てのパーツを取り付けた“ヴィジランスモード”が基本形態となります。折り重なるように取り付けられた装甲パーツと各部に配されたクリアレッドパーツは重厚でダークな雰囲気を醸し出します。

できる限りパーツ分割しているのでパチ組みでも間延びしないデザインとなっています。

メインウェポンの天叢雲剣は射撃武器の“クラウドスマッシャー”と打撃武器の“スカイウォードアックス”に分離変形させることができます。これ一つで凝ったM.S.Gくらいの遊びごたえがあります。

両肩のマルチアーマメントケープを大きな手のように前腕に装着、足首を回転変形させて延長された脚をもつ攻撃&機動力重視の“インセントモード”
フェイスマスクを被って巨大な剣を軽々と振り回す鬼のイメージ。

グラビティコントロールユニットを両腕に装着、天叢雲剣を展開し長い尻尾にした“ブルータルモード”は武装を攻撃に全振りした捨て身の形態。獣のような荒々しいシルエットが特徴。

メインの3形態以外にも組み換えによっていろいろ楽しめます。オリジナルのモードを作って遊んでいただけたら幸いです。

肩アーマーをオミットしたライトアーマー的モードや、

リアアームの先に巨大な手を取り付けて阿修羅のような形態にも。

朱羅シリーズのパーツを盛ったカスタムも格好良くなりそうですね。SNS等でカッコよくミキシングされた画像を拝見するのが今から楽しみです。

                                                                 

素体は浅井さんによってフルチューニングされた新プロポーションマシニーカ。コラボ含めこれまでのどのメガミよりもボリュームたっぷりグラマーボディとなりました。これだけでもぜひ手に取ってみていただきたい迫力です。

フェイスは“封印”“覚醒”“ドヤ”の3種が付属、どれもタンポ印刷済みなので組み立てるだけで3種の表情をお楽しみいただけます。アイプリデータ作成はお馴染み雨間さんが担当です。

フェイスパーツは朱羅シリーズと互換性があるので、例えば忍者や弓兵を眼帯メガミにすることもできますし、九尾のフェイスを取り付けてヘタレスサノヲを作ることもできます。ご家庭の朱羅たちと交換して様々なバリエーションを試してみてください。
写真の都合上肌の色合いが飛び気味ですが、(玉藻ノ前を除く)朱羅シリーズと同じスキンカラーAを予定していますので捗ること間違いなしですよ。

                                                                 

当初は朱羅のパーツ足しバリエーション機のつもりで開発を始めたのですが、武装にもっとギミック入れたい、素体を作り直したい、などなど度重なるアップデートを経て(股間軸、手首以外)全てが新規設計パーツとなりました。

発表からお時間いただきましたが現時点での本家シリーズフラグシップ機としてどこに出しても恥ずかしくないメガミが完成したと思います。

2022年は皇巫スサノヲの発売から始まります。ご期待ください!

鳥山とりを(メガミP)