MENU
メガミデバイスブログ

良いお年を!


メガミマスターの皆様こんにちは。

2019年(令和元年)もあと数時間となりました。メガミ3年目の今年も大変お世話になりました。
来年2020年も何卒よろしくお願いいたします!

                                                       

さて3年目を光速で振り返ってみたいと思います。

今年は1月のエーデルワイスから12月のランチャーヘルブレイズまで7機のメガミ登場しました。

エーデルワイスは初の武装神姫コラボ、桜鬼はホビージャパンさんとのガッチリタッグ、ストラプはアリスギアスタッフさんからのまさかの逆提案メガミと、それぞれ特徴的なアイテムとなりました。

バレットナイツはダイナミックな武装もさることながら強烈なキャラクター性が話題に。既存メガミと絡めてSNSにアップされる方も多く、女の子プラモの楽しみ方が更に広がった気がします。

シタラちゃんはメガミマシニーカ初の低身長素体でボディの構造も一新され今後のメガミマシニーカの基礎となる機体です。

年明けはランサーヘルブレイズからスタートし、M.S.Gを纏う新提案の九尾と続きます。

春からは新型の通常身長版メガミマシニーカを元にした楓さん【皆伝】、シタラちゃんを更に低身長化した愛花ちゃんが控えます。アリスギアゲーム内では既に告知されましたが1月にはあやかさまのご予約受付に向けて準備進行中です。

6月以降のラインナップもぜひお楽しみに!(2020年の発売日は現状の予定となります)

 

上記のように整理してみると、それぞれのメガミに何かしらの「試み」が込められています。今後もアッピールポイントを押さえたメガミを開発して行けたらと考えていますので御覚悟を!

                                                       

そんな3年目の締めくくりとして、先日聖地立川で「3周年祝賀会」を催しましたのでその模様を。
これまでの周年イベントとは違い、どなたでもご来場いただける可能な限り開かれたイベントを目指しました。

メガミ単独としては初のユーザー展示会である「うちの子自慢大会」は最終的に160機を越えるメガミが集まりました。正直な話、全然集まらなかったら会の盛り上がり云々の前に我々メガミ開発チームの精神的ダメージが大きいのがわかっていたのでヒヤヒヤしていましたが、結果ものすごい熱量で展示台を増設させていただくほどでした。

それぞれの「うちの子」もクオリティの高いものばかりでメガミチームの個人賞を選ばせていただくのに非常に困ってしまうほどでした。

反面、展示テーブルの配置、混雑が過ぎてゆっくりご覧になれない、プラモデル初心者が持ち込みにくい空気があった、等の反省点も浮き彫りになりました。

大きな背景デコラ&光量たっぷりのライティングで公式の写真と(ほぼ)同じ画像を撮ることのできる撮影コーナーも好評でした。ご自宅の環境ではなかなか再現しにくいですが、できるだけ広く、出来るだけ多くのライトを当てる重要性がご体感いただけたのではないかと思います。

 

また、メガミ開始時から一貫してきたアマチュアによる二次創作フリーがとても盛り上がっている実感がありましたので思い切って「プチマーケット」の場を設けました。公式がファンによるガレキや同人誌の即売会を開催するという、なかなか面白い試みになり、メガミならでは感を表現できたのではないかと思っています。

今回は開場の都合上20ディーラー制限でほとんどの商品に抽選販売ルールを設けることになり大変なご不便をおかけしたことお詫び申し上げます。しかしながら大きな混乱も無くスムースに進行いただけたのはお客様もディーラー様も紳士淑女の精神で譲り合っていただいたお蔭と存じます。

このような展示会にも関わらず、ライセンスを快くご提供いただいたアリス・ギア・アイギスのピラミッド様には大変お世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます!

 

メガミチームとコトブキヤスタッフさんによるささやかな手作りイベントのはずが予想を上回る沢山のメガミマスターの熱気で大盛り上がりで3年目を締めくくれたと思います。4周年目はまだ何も考えられていませんが、もしまた同じような催しを行う事ができたなら、至らぬ点やご不便をおかけした点を少しでも改善していきたいと考えております。

さてさてどうしましょう……!?

                                                       

最後に会場での新展示のご紹介。

愛花ちゃん&あやかさまは出来立てほやほやのパッケージイラストをタペストリーにして公開。もちろん島田フミカネさん描き下ろしです! いきいきと可愛らしい二人にご注目ください。

 

突如ガネーシャを参考展示。こちらはまだ原型が完成していない状態なので時期は未定ですが、最大ボリュームのメガミコラボにご期待ください! 海老川兼武さんによるプラモオリジナルディテールが満載になりますよ~

 

ディスクトップアーミーコラボ第1弾の朱羅シリーズはデコマスを展示いただきました。真ん中に飛ぶのはNidy-2D-さんによる新設定サポートメカの朱雀! 発売が今から楽しみです。

                                                       

イベント入り口ではシリアルナンバー入りの「診察券」と「リストバンド」が配布され、うちの子エントリーやプチマーケット購入、プレゼント大会などに活用されました。写真は会場直後「お大事に~」とお声掛けしながら診察券を配る浅井さんと鳥山。

お集まりいただいたみなさんは「うちの子大好きこじらせ病」「完成しない病」「積どく病」など多くの症状が出ている方ばかり。皆様ご自愛なさっていただき、4年目も元気にメガミと遊びましょう!

ではでは!

鳥山とりを(メガミチームを代表して感謝感謝のメガミP)

 

© Pyramid,Inc. / COLOPL,Inc.

©2019 Konami Digital Entertainment