フレームアームズ・ガール関連製品
Language
English

五郎八姫 原型です!

投稿:2016年04月26日
テーマ:ブログ

ども 開発(&まだちょっとだけ企画)の蓬莱鳥です。(・ω・)ノ

 
企画から開発へ異動になった際、企画業務は何人かの新担当者に引き継いでもらったのですが、
「五郎八姫」だけは、どの担当者も労働キャパ越えしてしまいそうなので、私の手元に残りました。

つまり、企画進行と開発進行の両方を最初から最後まで担当することにっ!


「シャイニング・レゾナンス」シリーズや「フリージア」も一応両方担当してはいましたが、

それらの開発が始まった頃はまだ企画だったり、企画から開発への移行期間だったので、
正直、私一人で開発の全行程を担当していたわけではありません。

 

というわけで、
例えば開発のフェーズが始まると、工場スケジュールやら、最終仕様決めやら、サンプル確認やら、
企画と開発の人間が顔を突き合わせて諸々の打ち合わせをするという場面がいくらかあるのですが、
企画と開発の進行をすべて担当することになった「五郎八姫」はずっと…

 

      ひとりミーティング(´・ω・`)おぉぅ…

 

006
1/6scale 五郎八姫 Tony Ver.(「戦国大戦」より)/原型制作:右藏

発売時期/価格 : 未定

 

4月25日発売のホビージャパンさんにも見開き掲載していただいてますが、
ここではもう少し別の画像をご紹介。 別用途で撮ったありもの画像ですが。

005

ちなみに今回の画像は、雑誌撮影よりも前段階。
つまりホビージャパン掲載のものが最新画像。


 
どこがどう違うかは、一部パーツに最終仕上げが入っているかいないかぐらいなので、

この大きさの画像ではほとんど判別はつかないと思… ったのですが…

003

この段階では左脚に掛かっている帯の先端が欠けていたんですね…(´・ω・`)おぉぅ…

001

002

007

背面部分はTonyさんに設定を描き起こしていただきました。

004


 

イラストのまま立体化しようとすると、ネックになるのが台座となる大きな岩。

大型特殊かつ岩1パーツのみの金型が必要で、もちろん材料もそれなりに多くなり、
かなりコストがかかる(商品価格があがる)うえに、
台座サイズがW30×D40cmになり、置き場所的にも困ること請け合い。

 
というわけで、

元イラストは大きな岩にやや寄りかかるように、身体を倒している感じですが、
フィギュアではメインカット方向からは元イラストのイメージを継承させながらも、
身体を起こして重心を変えることにより、ベースとの接地面を少なくし、
本体のバランスと見合った大きさまでベースを小型化してあります。
 

衣服の装飾部分や髪の流れなどもメインカットできれいに見えるように
身体の部位それぞれの流れにもアレンジを入れてもらっています。

P4140265

 

ちなみに製品版では岩ではなく透明度の高い鉱石みたいな表現になります。
元イラスト背景に使われている明るいブルーをイメージした涼しげなクリアカラーになります。

元イラストから抜けた背景部分の色を、ベースに配置して、イラストの雰囲気を補う感じです。

 

次回はデコマスになるかと思いますが、いつもよりちょっと時間が掛かりそうです。

ではでは。(`・ω・´)ノシ

©SEGA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ