Loading...

庭園日誌

Diary

ショートウィッグA発売!アレンジ作例を紹介します!

企画の亀山です。

本日は創彩少女庭園アフタースクールより初のウィッグパーツ「アフタースクール ショートウィッグA【ホワイト&チョコレートブラウン】」が発売となりました。

 

こちらがパッケージです。

まどかたちの本体は付属しない内容の為メインカットはトルソーを正面に見せつつ背景のシチュエーションで使用例を見せる構図に致しました。

撮影はこれまでのアフタースクールと同じくVaistar Studioさんにお願い致しました。

※Vaistar Studioさんはアフタースクール系のパッケージ用写真やオフィシャルサイトのアルバム写真を撮影してくれているフォトグラファーさんです。

 

商品内容はディスプレイ用のトルソーが1体と、チョコレートブラウンとホワイトの2色のウィッグ。

耳まわりのパーツもチョコレートブラウンとホワイト両方の分が入っているので両方作れます。

未塗装のフェイスパーツは1個のみ付属です。

 

ホワイトは塗装でカラーリングを変更する時に便利ですし白髪キャラクターとして楽しむのもいいですね。

 

ウィッグのデザインはシリーズのキャラクターデザインを務める森倉円さんによるものです。

上は初公開となる造形用の開発画稿です。

イラストにあるとおり前髪は2種ご用意いたしました。

 

髪の毛の造形には並々ならぬこだわりを持った創彩少女庭園ですからイラストを魅力的な立体として表現するために上のような分割数で再現しております(笑)

 

前髪が2種類あることもこだわりポイント!

他のキャラクターのヘアスタイルと組み合わせることでオリジナルのキャラクターを作ることができますよ。

 

左上はショートウィッグにまどかの表情パーツを取り付けてみた例

右上はまどか(ツインテール)にショートウィッグの前髪を取り付けて表情はリツカを使用した例

下段はメガネセットを取り付けてみた例です。

チョコレートブラウンはまどかの髪色と同じなので未塗装でも組み合わせが可能です。

他のキャラクターの髪色に揃えたい時にはガイアノーツさんから発売中の創彩少女庭園カラー各種をぜひご利用下さい。

 

ウィッグ部分をキャラクターに使用するとトルソー部分が余りますが、そういう時には余った頭部パーツを使ってコスプレウィッグのディスプレイのように使うことができます。

 

さて今回も作例を用意しましたのでご紹介しましょう。

リツカのノーブルローズをベースにアレンジしてみました。

前髪はリツカ、後ろ髪はショートウィッグを使っています。

ヘアカラーは落ち着いたレッド系にしました。マルーンが近いかな。

使用したカラーは暦カラー(リボン)ブラック、モンザレッド、レッドブラウンなどを混色。

シャツはミッドナイトブルーです。

脚は結城 まどかに変更しているので身長は本来のリツカよりも低くなりました。

 

前髪交換用にショートウィッグの前髪も塗装しておきました。

前髪Aです。

 

前髪Bです。

 

こちらはまどかの前髪をベースに加工してアレンジしたものです。

ヘアピンが残ったままだと「まどか感」が強いのでナイフと紙ヤスリで削り落としました。

顔周りは一度ニッパーでラフにカットしてからナイフで毛先に表情を堀りなおしています。

加工後は表面を丁寧にヤスリがけします。

個人差はありますが表面が荒いまま塗装すると後で結構気になってしまうかも。

今回の作例では塗装前にパーティングライン(金型の分割ラインにできる微妙な段差)もある程度処理しました。


次回はこの作例を使用して現在コラボさせていただいている各企業さんのアイテムも使って遊んでみたいと思います。

たくさん写真を用意したので楽しみにしてくださいね。

どうぞよろしくお願い致します。

 

企画:亀山(YUKI)

キャラクターデザイン:森倉円

© KOTOBUKIYA

 

▼公式YouTubeチャンネルではボイスドラマ公開中!

この日誌をシェアする?