2017年度新卒採用エントリー
Language
English

7年の時を経て…あの機体がリニューアル!

投稿:2016年02月26日
テーマ:製品情報

こんにちは、柚木です。

 

さっそくですが、本日は新製品情報をお届けします!

 

01a

『フレームアーキテクト リニューアルVer.』

2009年に発売されて以来、ロングセラーとなった可動式骨格「フレームアーキテクトTYPE001」、
このアーキテクトが全面リニューアルされてリリースとなります!

未組み立て仕様として好評を博した〈For Modelers Edition〉のフォーマットをベースに、さらにブラッシュアップが施された新仕様版です。

本日はそのリニューアルポイントをご紹介!

 

ポイント① 新規金型化

02

アーキテクト本体の金型は全て彫り起こしとなります。
※ハンドパーツは従来品と同じものが含まれます。

Ver.FMEをご存じの方は、よ~く見ていただければ各ランナーのパーツ配置が従来品と異なっているのがお分かりいただけるかと思います。

パーツ形状は同一ながら、現行の金型技術によって従来品よりパーツ精度がアップ(あくまで当社比ですが…)しております!

またPCパーツも「M.S.Gヘヴィウェポンユニット」で採用された肉厚のものへと変更されます

 

ポイント② 成型色の追加

03

これまでは本体色で統一されていたアイセンサー部の色分けを成型色で再現!

Ver.FMEよりもさらに見栄えがアップした仕上がりに。

また細かい部分ですが、クリアーパーツ化に伴って、頭部の分割にも若干の変更が加えられています。

 

ポイント③ 上腕パーツ

04

従来品でリクエストの多かった改善点、上腕パーツを一体成型パーツへと変更。

過去に「ウィルバーナイン」などで試験的に導入していたものですが、他機体との互換性(外装パーツの装着)がクリアできたため実装の運びとなりました。

一体成型となったことでパーツ強度が大幅にアップしております。

 

ポイント④ 脚部股関節

05

本仕様で最も大きな改修点ともいえる、脚部股関節の関節構造。

リニューアル版では「カトラス」で導入された関節構造を取り入れ、ほぼ180度の開脚を可能にする可動域を獲得しました。

またこの関節構造は、外装パーツを取り付けた状態でもあまり開脚範囲を阻害しないというメリットもあります。
※外装パーツを取り付けた場合の可動範囲は、機体の形状によって差がでますので、ご了承ください。

 

ポイント⑤ カラーリング

06

最後のポイントとなるのはカラーリング。

ベーシックな〈グレー〉の他、キャラクター色を押し出した〈ガンメタリック〉、改造・塗装の素体として最適な〈オフホワイト〉の3色が同時リリースとなります!
※各カラー単体での発売になります。セット商品ではございません。

構築したい機体カラーや目的に合わせて、お好みのカラーを選んでいただければと…!

 

 

…といったところで、駆け足で紹介してきました「フレームアーキテクト リニューアルVer.」、来週中に商品案内開始の予定となっております!
※本商品は「Ver.FME」と同じく、未組み立て状態でのリリースとなります。ご注意ください。

 

FAユーザーの皆様、ぜひチェックのほど、お願い致します!

 

それでは本日はこの辺にて。

柚木

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ