【コトブキヤ各店/お客様相談センター】営業内容変更情報 コトブキヤコレクションONLINE 2021[なつやすみ!] ヘッダーバナー

Language
English

MARUTTOYS 世界設定ページ

『MARUTTOYS(マルットイズ)』のオリジナルロボットたちは「近未来のハイテク企業ATARASY(アタラシー)がリリースした、2060年代では世界中に広く普及しているロボット」という設定です。

 

 

ATARASY

ATARASYは2060年代にロボティクス分野から物流、通信、建設などの様々な分野で活躍する、日本のグローバル企業です。

■ATARASYの事業概要と、本社ビルの外観

 

■本社ビル内のメインAIルーム

 

ATARASYが特に力を入れているのはロボティクス分野で、様々な領域で活動できるように多種多様なロボットを開発しています。

ある意味ではロボット開発以外の分野は副産物で、「ロボットを制御するための通信網を構築」「運送ロボットの開発による物流サービスの提供」「建設用ロボットを主体とした都市開発事業への参入」など、その他の事業もロボットの開発によって発展してきました。

 

その中でも通信系は、ロボット開発と共に大きく発展した事業です。地上以外にも宇宙へと幅広く活動しているATARASYのロボット達に、クラウドAIからのタスクを伝える通信網は必要不可欠で、通信衛星や基地局、各ロボットに搭載された通信デバイスを連携して、大規模なネットワークを構築しています。

 

 

TAMOTU

「TAMOTU(タモツ)」はATARASYの主力商品で、2060年代に「TAMOTU」の最新モデルがリリースされました。

「TAMOTU」はその名の通りメンテナンスロボットとして開発されました。施設の保守点検に重きを置いた設計ですが、様々な施設に対応するために高い拡張性があります。

その拡張性を利用してオプションパーツが多数存在しており、サードパーティー製のパーツを含めるとその数は膨大です。

 

高い汎用性は施設の保守にとどまりません。「コンテナを装備した物流仕様」「通信能力を強化した移動基地局仕様」「街の治安維持用に非殺傷性の武装を施した仕様」「建築現場用にモーターのトルクや電装系が強化された仕様」「宇宙空間で活動できるようにアポジモーターが追加された仕様」など、幅広い仕様の「TAMOTU」が存在します。

 

低コストで様々な仕様で大量生産される「TAMOTU」は、ATARASYのネットワークやその他のサービスを支える重要な存在になっています。

 

 

NOSERU

「NOSERU」はATARASYが保有する広大な施設の、巡回警備と移動手段として開発されたロボットです。

「TAMOTU」と同様にクラウドAIによって管理されていて、高精度の位置情報と連動して自動運転で目的地まで運んでくれます。

ATARASYのエンジニアたちが、余った部品をかき集めて作ったマシンで広い工場を移動していたのが「NOSERU」の始まりだったとも言われています。

 

「TAMOTU」と比べると頭部に高性能なセンサーを搭載していて、なおかつ変形後の身長が高いのでより広範囲を見渡せる警備に適したロボットになっています。

変形後に使用可能なアームで、荷物を運んだり落とし物を拾ったりなどの動作も可能になっています。

 

市販モデルを含めると様々なバリエーションが存在していて、例えば公道走行可能なモデルは広範囲にエアバッグを展開でき、搭乗者の安全を確保しています。

 


※画像は「TAMOTU」や「NOSERU」などのロボットたちの活躍想像図です。実際の製品には付属しないオプションがありますのでご了承ください。

 

 

 

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ コトくじ お客様サポート ピックアップ