マイナビでエントリー受付中
Language
English

コトフェスお疲れ様でした&M.S.G新製品情報!

投稿:2017年12月24日
テーマ:新製品案内

企画のYUKIです。
コトフェスにご来場いただきました皆様、まずは寒いなかご来場いただきありがとうございました。
そして会場は遠くて遊びに行けなかったという方へクリスマスプレゼントの代わりといってはなんですが少しだけ新製品の情報公開を行いたいと思います。

こちらは上記イベント内M.S.G開発チーム座談会にて初公開となったアイテム
ゲームやアニメなどでよくある“武器をキャラクターの周辺に配置する演出”を再現するディスプレイアイテム

『プレイングベース』
無色クリアーで成型されたレールに各種アタッチメントを取り付けてウェポンユニットを飛ばせちゃおうというコンセプト。


迅雷「我がブレードからは逃れられない」
同時に複数のブレードを投げる演出などもこれ一つで大丈夫。


キャラクターを保持するアームはスプリング内蔵のラチェット式可動となっています。


キャラクター本体は武器を持たず宙に武器を浮かべているシチュエーションでお楽しみください。


画像はヘキサギアのハイドストームのブレードを使いましたが、ウェポンユニットの連装砲やエネルギーシールド、ガバナー アーマータイプ:ポーンA1のソードなど3mmジョイントのある武器を取り付けることが可能です。

そして、もう一つはフレームアームズ、ヘキサギアユーザーにぜひ活用してほしいアイテム。


メカサプライのジョイント系パーツで人型を作ったら?というコンセプトで生まれた
『コンバートボディ(仮)』画像の状態はモードA
各部は3mm径での接続となっており細かく分解して様々な用途に使用することが可能。


全高はフレームアーキテクト程ながら各部がヘキサギアのように、さらに細かく分解できるようになっています。


画像はモードB


モードAとどう違うのか分かりますでしょうか。

腕部は展開して腕の長さが変わり、脚部は一部組み換えとスライド機構にて長さが変わるというギミックを持っています。


胴体部のドラムジョイントは関節の角度を変更することで外側に引出し、可動域を高めることができます。


こちらは脚部の分解状態。足首はヒールとつま先が可動して高さを変更できます。
その他にも3mm径の便利なジョイントがたくさん。ヘキサグラムシステムの基本設計を行った設計士のMARUYAが考案した全身がギミックの塊です。


腰部と胴部。ドラムジョイントはサブアームが巻き付く機構になっていてこれまでと一風変わった構造が楽しいかと。


腕部の伸縮展開ギミックを使うと手首のジョイントをブラスターに見立てた楽しみ方もできるかと。

アイデア次第で無限に楽しめる全身がジョイントの塊となった本アイテムはアーキテクトヘキサギアとも呼べる存在。

発売は来年後半を予定しており続報については追っての公開となりますがご期待いただければ幸いにございます。

如何でしたでしょうか。
間もなく2017年度が終わりを迎えますが2018年度も突っ走っていきますので
どうぞお付き合いの程何卒宜しくお願い致します。

そして、年末年始恒例の商品化希望アンケートも実施致しますのでこちらもHPをチェック宜しくお願い申し上げます。

それでは本日はこのあたりで失礼!
良いクリスマスを!

Merry Christmas!

企画:YUKI
© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ