Language
English

汚し塗装作例『レイブレード・インパルス』

投稿:2017年08月01日
テーマ:作例・実演

ワンフェスお疲れ様でした企画のYUKIです。

ヘキサギア試遊会にもガバナー候補の皆様に多数ご参加いただき大変嬉しく思います。

さて、ついに8月に突入致しました。
ヘキサギア シリーズ第一弾が今月発売開始になります。
出荷自体は下旬を予定しておりますので、どうぞ脳内にてアッセンブルのプランを練りながらお待ちいただければ幸いです。

今回はワンフェスなどのイベント展示用に制作した“汚し塗装”の作例をご紹介したいと思います。

作例担当は私、企画のYUKIが行いました。しばらくおつきあいの程何卒宜しくお願い致します。

ヘキサギア レイブレード・インパルス
販促用PV 『MASTER BOOT RECORD 創造篇』に登場したキービジュアルをイメージした塗装となっております。

装甲表面は土埃や油汚れ、煤にまみれており全体的に彩度低めの塗装で、より兵器感が増すように意識しました。

こちらはアートディレクター可児裕行氏が制作したキービジュアルの「レイブレード・インパルス」。ブレードの発振基部や装甲などが焼け焦げて変色してしまっていて、戦闘の直後であることを思わせます。こちらのビジュアルは

 コトブキヤショップの購入特典のポスター にも使用されておりますので、是非とも大判で印刷されたものもご覧いただきたく思います。

参考までにご紹介致しますのはダメージ表現を行う前のモデルデータです。こちらの画像は製品状態に近いロールアウト直後の綺麗な状態ですね。

装甲表面には泥や油による汚れと、表面の塗装が剥げ落ちて素材の色が剥き出しになっている感じを目指しました。

個人的にはこのダメージ塗装の表現が塗装の工程で一番楽しいです。

擦り傷には汚れが溜まり、黒くなっています。こちらは筆に塗料を付けた後に一度ふき取って少しずつ入れています。エッジの部分と平面の部分で表現を変えると楽しいですね。

顔は汚し過ぎるとキャラクターが分かりづらくなるため少し控え目に汚しました。
フロントスキャナーはクリアーパーツなので後方からの光で発光しているように撮影しています。

コンソール周りは塗装を行うと非常に効果的です。

ビークルモードです。数多の戦場を駆け抜け傷ついた愛機…

ガバナーも機体と同様に汚し塗装を行っております。(ガバナーの塗装は原型スタッフが行いました)今回は行っていませんが弾痕表現でさらにダメージ表現するのも楽しそうです。

いかがでしたでしょうか?
組み換えではなく塗装表現で自分の中のイメージに合わせた作品を作るのも楽しいので、是非ともチャレンジしてみてください。

ヘキサギアシリーズ第一弾は今月下旬発売となります。
どうぞよろしくお願い致します。

ではまた次回

企画:YUKI
© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ