Language
English

ヘキサギアランナー公開

投稿:2017年03月16日
テーマ:商品情報

前回のブログでヘキサギアの根幹となるヘキサグラムについて解説させていただきました。
今回はキットブロックというカテゴリについてもう少し分かりやすい表現でご説明させていただきます。

キットブロックというカテゴリを簡単にご説明すると
ブロックのように使えるパーツを組み立てるプラモデルです。

へヴィウェポンユニットやフレームアームズも近い構造であると言えますが
ヘキサギアはその商品コンセプトに明確にブロック構造が含まれている為、
普通は分割しないようなユニットも単独で使用できるように設計されているのです。

そのためフレームアームズよりパーツ数は多く感じるかもしれません。

ランナーをご覧ください。


こちらは「レイブレード・インパルス」のランナーです。

ここまでが外装とフレームパーツです。


こちらは「ヘキサグラムシステム」のランナー
前回の記事でご説明させていただいたようにユニットごとに成型素材が異なります。


こちらは特に拘っているタイヤパーツ。
素材はPVCです。画像は中心部が切り抜かれておりませんが
実際の商品ではしっかり切り抜かれますのでご安心を!
右下のジョイントは組立済の極小ジョイントパーツで接続に金属ピンが使用されています。

これらを組み上げると画像の素組状態となります。
設定カラーを完全再現するには一部塗装が必要になりますが、組み立てるだけでも設定カラーに近い仕上がりとなります。

拡大すると分かりやすいですがフロントスキャナーはクリアーブルーで成型されており、逆光で撮影すると発光しているように見えます。個人的にポイント高い。今度電飾しよう。

 

こちらはガバナーのランナーです。
イベントなどでよく組立済商品ですか?とご質問いただくのでご説明させていただきます。

商品仕様はABS、PVC、POMを使った組み立て式の商品です。
未組立てのアクションフィギュアという感じの商品となっています。

頭部カメラや後頭部、腹部の軟質PVCパーツが一部塗装済み仕様となります。

ガシガシ動かして楽しんでもらいたかったので肩と腹部の関節はPOMという頑丈な素材を使用。

74mmというサイズにも関わらず複数の素材を贅沢に使用したアイテムとなっています。

如何でしたでしょうか?
まだまだご紹介したい遊び方がたくさんあるので記事の更新をお待ちいただけますと幸いです。

次回は久々に作例のご紹介になります。
それでは本日はこのあたりで失礼!
ではまた次回。
企画:YUKI
© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ