Language
English

ワンダーフェスティバルにてヘキサギア大型展示中

投稿:2017年02月19日
テーマ:商品情報

おはようございます企画のYUKIです。
本日はワンダーフェスティバル2017冬が開催。皆様に会場でお会いできることを期待しておりますが、行きたくても行けないよ!という方にも最新情報をお届けしたく存じます。

まずは本日会場にて発表となりました「ヘキサギア塗装完成品」のご紹介をさせて頂きます。

ヘキサギア第一弾 四脚獣型高速戦闘ヘキサギア「レイブレード・インパルス」
車輪を使用した「ビークルモード」から敵機との格闘時には「ゾアテックスモード」という戦闘形態に駆動系をコンバートします。

装甲をパージすることによりネイキッドフレームが露出。
各部の“コネクター”に「ヘキサグラム」を装填することにより3mm径のハードポイントとして機能。
フレームアームズやヘヴィウェポンを初めとした各種兵装が取り付け可能になります。


各ユニットをパージした状態。
個の機体としてだけでなくパーツとしての遊びも追求したアイテムとなっております。
1/24スケールということでコックピット周りのディテールにこだわることができた結果

コンソール周りはこのようになりました。

独特のデザインとなったヘキサギア第一弾「レイブレード・インパルス」はタイヤディテールもご注目頂きたいポイント。

素材が“ゴムタイヤ”になったことでカーモデルのようなトレッドパターンを再現することができるようになりました。

こちらは全地形適応を目指して開発された二足歩行汎用型ヘキサギア「ボルトレックス」

レイブレード・インパルスと同じくビークルモードからゾアテックスモードへとコンバートが可能。

テイルブレードは伸縮・可動により離れた敵を攻撃する。

ちなみにレイブレード・インパルス、ボルトレックスには下の画像のようなヘキサグラムシステムを使用しています。


ヘキサギアの根幹となる六角型汎用ジョイント「ヘキサグラムシステム」のランナー。


組み換え時にかかる負荷を鑑み、ランナーごとに素材が異なります。
ヘキサグラムシステムはABS・POM・PEの構成となっておりそれぞれ組み合わせてご使用くださいませ。

今後も様々な新規ヘキサグラムシステムが登場予定。ご期待ください。


さらに今回のワンダーフェスティバルの為に”特別に制作したジオラマ“をご紹介。
レイブレード・インパルスとボルトレックスの戦闘を描いた薄暗い空間。
こちらはコトブキヤブース内ヘキサギアコーナーにてご覧いただけます。

そして今回の展示の目玉となるヘキサギアの世界観を描いた

プロモーション映像の一部をご覧ください。

薄暗い灰の積もる街で行われた激しい戦闘。そして暗闇に浮かぶ青白い閃光の先には…

続きはぜひ会場で!
14:30からのスタッフトークもお忘れなく!
それでは本日はこのあたりで
ではまた次回。

企画:YUKI
© KOTOBUKIYA
映像制作
ディレクター:高野 怜大(株式会社コラット)
アートディレクター:可児 裕行(ウィン株式会社)
音響制作:株式会社ビットプロモーション

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ