Language
English

鳥山とりを様が「FAガール轟雷 オプションパーツセット」を作る!

投稿:2015年09月07日

現在コトブキヤショップにてご予約受付中!

ランペイジ様のガレージキットFAガール轟雷 オプションパーツセット

なんとこちらを、あの「鳥山とりを」様に制作・レビューして頂きました!早速ご覧ください。

 

 

FAガール轟雷 オプションパーツセット制作記

 

こんにちは。FAガールオプションパーツセットをプロデュースしております鳥山です。

プラモデル(以下プラモ)に組み合わせるレジンキャスト製のガレージキット(以下ガレキ)なんですが、ガレキは作ったことないしどうしたらいいのかわからない。怖い!という話をよく耳にします。

先日の立体物販売イベントでも「プラモをストレートに組み立てて、部分的に色をちょっと塗るくらいの事はやってるんですが、そんな僕にもガレキは作れるんでしょうか?」とご相談いただき、あれこれとアドバイス差し上げて、最終的にご購入いただいたという経験をしました。

そこで、FAガールオプションパーツセットを組み立てたらどうなるのかというHow toを書いてみようと思います。「案外簡単そうじゃん」って感じていただけたら嬉しいです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

ではさっそく作ってみましょう。今回はコトブキヤさんで予約受付中の白轟雷さんに組み込んでみようと思います。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

オプションパーツセットは3色のカラーレジンで成型されています。

これを組むのに最低限必要な工具は「カッターナイフ」と「瞬間接着剤」の2つだけです。プラス、ニッパーがあればベターです。(そもそも轟雷のプラモを作るにはニッパー使いますからお持ちですよね)

今回は色を塗らないのでプラカラーも使いません。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

レジンキャストはシリコン型から抜くときにくっつかないようにする「離型剤」という油のようなものがパーツ表面に付着していることがありますので、中性洗剤や液体クレンザーを歯ブラシにつけてゴシゴシ磨き、水で洗い流すと綺麗になります。

専用の「離型剤落とし」も販売されているのでお好みで。表面がさらっとしたら大丈夫です。

色を塗る時には必ず必要な工程ですが、無塗装時はやらなくてもいいかもしれません。

 

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

綺麗になったところで工作に入ります。

プラモと違い、樹脂を流し込むゲートが大きいので、まずは大まかにニッパーで切り取ってからナイフで綺麗にカットしていきます。

この辺りはプラモのパーツをランナーから切り離して処理するのとあまり大差ありませんね。ただレジンキャストはプラより柔らかいので慣れないうちは一気にえぐっちゃいやすいです。一発で切り取ろうとせず何度かに分けて徐々に平滑にしていくようにしましょう。

 

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

ゲートを切り終わったらバリ取りを行います。

“バリ”とはシリコン型の合わせ目にできることがある薄い膜のようなものです。

大きい場合はナイフでカットして取り除きますが、薄く小さい場合はナイフの刃を立てて、シャッシャッとカンナかけすると楽に処理できます。

 

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

パーツの処理が終わったらプラモのパーツと組み合わせていきます。

レジンキャストにプラ用セメントは効きませんので接着には瞬間接着剤を使います。

瞬間接着剤と非常に相性が良く、びっくりするほどガッチリくっつきますので、事前にきちんと仮組みをしてパーツの位置を確認しておきましょう。

 

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

プラモのパーツを貼り付けていきます。だんだん形になってきました。

これも瞬間接着剤を使います。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

可動プラパーツの組み合わせがゆるい時は、軸やボールジョイントに薄く瞬間接着剤を塗り、様子を見ながら太らせましょう。必要に応じて施してください。

言うまでもありませんが瞬着が固まる前にパーツをハメてしまわないように注意です。 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

そんな工作の積み重ねでボディが完成しました。

ゲート処理、バリ取り、瞬間接着剤による接着と、可動部の渋さ調整の4工程の繰り返しです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

フェイスパーツを交換できるように髪の毛は両面テープで貼り付けます。

瞬間接着剤でダボを太らせて勘合をきつくしても良いでしょう。

今回はせっかくなので新規造形の叫び顔をチョイスしてみました。

 

 

プラモの手足を取り付けて完成です!

アーマーが白なので、髪の毛が白のままでもマッチしますね。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

全塗装した轟雷さんと記念撮影完了。どっちもかわいい。

 

さて、オプションパーツセットには、アーマーを付けていない右腕と右脚(無可動)も付属していますので作ってみましょう。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

2mmと3mmのドリルを準備します。

ニードルがあればベターです。(無くても大丈夫です)

 

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

ドリルで穴を開ける場合、中心にニードルでグリっと小さなポッチをつけておくと、ドリルの先端がぶれずに狙った所に穴を開けやすくなるのでおススメです。

太いドリルで一気に開けるより、0.5~1mmずつ徐々に太くしていくと失敗しにくくなります。焦らずゆっくりと作業しましょう。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

空いた穴にパーツを差し込めば出来上がりです。 

 

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

腕も同様に穴を開けて組み立てて完成です!

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

こちらも塗装済み轟雷さんと記念撮影。

うちの子がいちばんかわいい。

 

と、いろいろ書いてきましたが慎重にやれば問題なく完成するでしょう。

唯一気を付けていただきたいのは、プラよりもやわらかいのでいつもの力加減で作業するとナイフがサクっと入っちゃって指まで一気に。。。というケガです。

最初は少しずつ切る、少しずつ削るを心がけましょう。

 

以上、カラーレジンの成型色を利用した無塗装How Toでした。

それほど難しい工作は無かったと思います。ガレキを作ったことがないという方の参考になれば嬉しい限りです。

一番かわいい“うちの子”を作ってあげてくださいね。

ではでは!

 

 

 

FAガール轟雷 オプションパーツセット(ランペイジ製)は↓から!
ec_yudo

 

フレームアームズ・ガール 轟雷 Monotone Formは↓から!
ec_yudo

 

 

© KOTOBUKIYA

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ