Language
English

「電脳妖精アイオーン・リーネ」 彩色見本です!

投稿:2016年11月25日

「アイオーン・リーネ」 の箱サイズは 横が24cm、高さが25cm、奥行きが19cmぐらいになる予定です。
 実際の成型品とのすり合わせで変更になる可能性もありますが、BOX内の配置は だいたいこんな感じ。
 
241545451 
 
 
 
こんにちは、開発の蓬莱鳥です。(`・ω・´)ノ
 
 
 
****************************************************
 
お待たせいたしました!
 
「電脳妖精アイオーン・リーネ」 彩色見本です!
 
 
img_3252%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc%e5%88%86%e3%81%91 
 
 
バイザー、羽根、肩、ベースがクリアパーツ、髪がクリア活かしのフロスト塗装です。
 
なので、暗色バックで撮影してみました。
髪が光をはらんでくれるので、バックとのコントラストが凄くきれい。(^^
 
羽根の向こうに髪が透けて見えるのも見どころです。
 

 
img_3271  

 
ベースも光を反射したり、透過したりでいい感じに。
原型時には見えなかったベース裏のモールドも透けて見えます。
 
img_3278 
ちなみに、黒バックじゃなくてもこんなにきれい。
 img_3303 
尚、このままの形状でフィギュア本体の自重を支えるにはかなり不安定ですので、
↓の原型画像にもあるような台座下部が同色(クリアーブルー)で追加されます。
http://www.kotobukiya.co.jp/figure-blog/figure-blog-90996/ 
 
 
  
img_3272 
原型ではバイザーと頭部の接続用の凹凸が内部にあり、それがそのままデコマスになった際、
透明パーツ内部の反射で、
撮影角度(このブログの画像だと、特に1枚目と2枚目)によっては、
髪の凹部分が浮き出て見えるという不具合が起こってしまいましたが、
製品版では無くなりますのでご安心ください。
 
 
                      原型(複製)の形状▼
pb241183
 
 
 
                      金型用原型の修正指示▼
05 
 
  img_3273 
 img_3261 
 
ツインテールは自重で変形しないように左側はABS成型になります。
 
右側は原型の形状を保ったままでのABS成型は難しいため、PVC成型としたうえで、
足と近接している部分で、直径3mmの透明ピン接続支持になります。
 
img_9559 
 
だいたいこんな感じ。
普通に飾るぶんには概ね死角です。
  
 
img_3266  
 
img_3279
 
「ホビージャパン1月号」にも見開きで掲載していただいておりますので、
 是非ともご覧ください! 
「五郎八姫」の製品版も載ってます!(`・ω・´)ノ

 
 
今回のデコマスは、このあとの宣伝用貸し出しのスケジュールが詰まっていて、
その後すぐに中国工場へ発送となってしまうために一般お披露目の機会がありませんが、
ただいまデコマスのコピーを絶賛制作してもらっていますので、
そちらを12月上~中旬には秋葉原館で展示できる予定です。
 
その際は、またお知らせいたします! ではでは(`・ω・´)ノシ

 
 
 
 
©Tony
※お使いのパソコンの環境の違いなどにより色や見え方が違う場合があります。

NO COPY
トップへスクロール
コトブキヤオンラインショップ お客様サポート ピックアップ